DeFi

【仮想通貨AVAX】Avalancheの失敗しないDeFi運用の始め方とは【AAVE】

こんな方におすすめ

  • 最近Avalancheってよく聞くけど何が良いか分からない
  • Avalancheを運用する良い方法が知りたい
  • Avalancheのメリットとデメリットを知りたい

 

「Avalanche(アバランチ)って最近聞くようになったけど実際どうなの」そう思ったことはありませんか。

たしかに仮想通貨についてリサーチしていると、新しいキーワードがどんどん出てくるのでついていけなくなることも多いですよね。

結論からお伝えすると、AvalancheはイーサリアムやBSCに比べて、セキュリティ面と経済面(手数料)でメリットの大きいネットワークです。

実際にわたしもAAVEでAvalancheをレンディングし運用をしています。

ここでは、Web3キャリアコンサルタントなべけんが、AvalancheでDeFi運用する方法について解説いたします。

この記事でわかること

  • コインチェックの積み立てなら低リスク
  • AvalancheのDeFi運用はAAVEが簡単でおすすめ
  • AVAXを購入するためにはバイナンスの開設をしよう
  • Avalancheはイーサリアム・BSCを代替するブロックチェーンとも言われている

今だけ!

世界最大の取引所バイナンス開設してから14日以内に$50分の仮想通貨を入金すると、100USDT($100≒13,000円)の報酬ゲットできますよ!

binance exchange

»【たった1分】今すぐ無料開設する

AAVEでAvalancheでレンディングする準備

日本の仮想通貨取引所では、Avalancheを購入することができないので、いくつかの事前準備が必要になります。

最終的には、METAMASK(メタマスク)という仮想通貨ウォレットにAVAXが入っている状態を目指します。そのための準備は4ステップを順に対応すればOKです。

AVAXをレンディングする準備

  • bitFlyerなど国内取引所で仮想通貨を購入
  • バイナンスへ仮想通貨を送金する
  • バイナンスでAvalancheへ交換する
  • METAMASKへAVAXを送金する

国内取引所で仮想通貨を購入

まずは、AVAXに交換するための仮想通貨を国内取引所で購入します。

基本的には購入する仮想通貨はなんでもOKですが、初心者であればビットコインを買うようにしましょう。

他にもさまざまな仮想通貨が取り扱われていますが、中には透明性が低い組織が発行している仮想通貨もあるので注意しましょう。

国内取引所はコインチェックがおすすめ

低リスクで暗号資産(仮想通貨)を購入したい人は、コインチェックの「coincheckつみたて」がおすすめですよ。

毎月あるいは毎日つみたて投資をすることで、リスク分散ができる(ドルコスト平均法)ので安心して購入ができます。

わたしも毎日2,000円の積み立てをしていますよ。

コインチェック
コインチェック評判やばい?低リスクで失敗しない貸仮想通貨運用とは【口座開設方法あり】

バイナンスへ仮想通貨を送金する

次に、国内取引所で購入した仮想通貨をAVAXが購入できる海外取引所バイナンスへ送金します。バイナンスは世界最大の仮想通貨取引実績があるので安心して取引ができます。

あらためてバイナンスへ送金する目的を整理すると、この2つの理由になります。

バイナンス送金する理由

  • 国内では買えないAVAXを購入するため
  • 国内では対応していないAvalancheネットワークに送金するため

AVAXを購入する

AVAXとはAvalancheで使用される仮想通貨(トークン)で、国内の取引所では購入ができません。

バイナンスであれば、ビットコインなど他の仮想通貨とAVAXを交換することができることが送金が必要な理由の1つ目です。

Avalancheネットワークに送金する

また送金をするときには、ネットワークというブロックチェーンを指定することができます。

バイナンスから送金をするときには、Avalancheネットワークを選択できるのですが、国内取引所からは選択ができないのです。

別のネットワークに送付したときに、送付された仮想通貨がサポートされていないと、送付した仮想通貨を失ってしまうこともあるので注意が必要です。

▼バイナンスで口座開設する方法は、今すぐこちらからチェック

binance
バイナンスの失敗しない登録からステーキングを画像14枚で解説【招待コードあり】

Avalanche(アバランチ)へコンバートする

バイナンスへの送金が完了したら、着金したビットコインをAvalancheへ交換(コンバート)していきます。

仮想通貨の交換方法はいくつかあるのですが、コンバートが一番かんたんな方法なので、初心者はこれを使いましょう。

METAMASKへAVAXを送金する

バイナンス状にAVAXトークンが準備できたら、仮想通貨ウォレットであるMETAMASKへ送金をしていきます。

まだAvalancheネットワークを使用したことがない人は、次に紹介するネットワークの追加から設定するようにしてください。

METAMASKにAVALANCHEを追加

画面のとおりネットワークを選択し、「ネットワークの追加」をクリックします。

クリック後に表示された画面に、下記と同じように必要情報を入力すれば登録完了です。

avalanche-metamask

avalanche-metamask

テキスト入力をすると設定を間違えてしまうので、コピペで登録しましょう。

◇Avalanche Network情報(コピペOK)

    • Network Name: Avalanche C-Chain
    • New RPC URL: https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
    • ChainID: 0xa86a
    • Symbol: AVAX
    • Explorer: https://cchain.explorer.avax.network

バイナンスからAVAXを送付

ネットワークの設定ができたら、バイナンスからMETAMASKへAVAXトークンを送付します。

binance-avax

metamask

AAVE(アーべ)でAVAXをレンディングする

ここまで来れば、あとはAAVEにAVAXトークンを預けるだけです。

レンディングのステップ

  • AAVEのアプリにアクセスする
  • Avalanche市場にアクセスする
  • AVAXをAAVEに預け入れをする

AAVEのアプリにアクセスする

avax-dapps

まずは、AAVEのページにアクセスしましょう。

>>AAVEの公式ページはこちら

公式ページに進むと「アプリに進む」というボタンがあるので、ここをクリックして預け入れの設定に進みます。

AVALANCHEマーケットへアクセス

次に画面右上からネットワークを選択できるので、今回は「Avalanche」AAVE市場を選択しましょう。

avalanche-aave

すると預け入れられる通貨・トークンの一覧が表示されるので、Avalancheを選択します。

AVALANCHEを預金・レンディングする

画面が預け入れの設定に変わったら、右側の「入金」をクリックします。

avax-lending

すると、実際に預け入れる金額を入力する画面になるので、預け入れたい金額を入力します。

このとき、預け入れの際に手数料としてAVAXが必要になるので、全額は預け入れをしないように注意しましょう。

avax-lending

「Continue」をクリックすると、AAVEの確認画面が表示され「入金」をクリックするとMETAMASKで確認画面が表示されます。

avax-lending

avax-metamask

METAMASKの「確認」をすると、預け入れは完了になります。

avax-prosessing

avax-finish

あらためてavalanche市場の画面を確認すると、AAVEに預入されていることが確認できますね。

なべけん
他にもPolygonネットワークなどで預け入れをしたい人は、こちらもチェックしましょう!
aave
AAVE仮想通貨DeFiレンディングわかりやすく解説【画像15枚付き】

まとめ:今すぐAvalancheに触れてみよう

いかがでしょうか。

あらためてAAVEでAVAXをDeFi運用するための手順を確認しましょう。

まとめ

  • 国内取引所で仮想通貨を購入する
  • バイナンスへ送金しAVAXに交換する
  • メタマスクにAVAXを準備する
  • AAVEでAVAXを預け入れる

一度触れてしまえば簡単ですね。

預け入れるときに出てきた、レートグラフの意味は細かく説明していないですが、やりながら調べることが重要です。

調べるよりもやってみるほうがえられることが多いですね。

もちろん、仮想通貨の運用はハイリスクハイリターンなので、投資可能額の範囲内で投資するようにしましょう。

  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-DeFi