NFT

ボクセルアートNFT作り方|ボクセルアーティストなるには?

こんな方におすすめ

  • ボクセルアーティストに興味あるけどよくわからない
  • NFTって難しそうで始めるか悩む
  • ボクセルアートNFTの作り方・始め方が知りたい

 

メタバースの注目に伴ってボクセルアートやNFTという言葉を聞くようになりましたよね。

 

ボクセルアーティストになりたいけど、始め方・作り方がわからないという人も多いと思います。

 

ボクセルアートはツールを使えば誰でも簡単に始めることができますよ。

また、つくったボクセルアートはメタバースで使用することができますし、NFT販売をして稼ぐこともできます。

 

なべけん
ここでは、Web3キャリアコンサルタントなべけんが、ボクセルアートの作り方や始め方、ボクセルアーティストの魅力を解説します

 

この記事で分かること

  • ボクセルアーティストは将来性がある
  • アーティストの数が少ないため優位性がある
  • ボクセルアートは無料で始められる
  • NFT化をすると稼ぐこともできる

 

ボクセルアートNFTが注目されている理由

 

ボクセルアートという言葉は、少し前までは聞かない言葉でしたよね。

 

今は、なぜこれほどまでに聞くようになったのでしょうか。

 

ここでは、ボクセルアートNFTが注目されている理由を解説しますね。

 

ボクセルアートNFT注目の理由

  • マインクラフトの流行
  • 自由度が高い
  • メタバースの将来性がある

 

マインクラフトの流行

 

ボクセルと聞くと、「マインクラフト」をイメージするのではないでしょうか。

 

マインクラフトとは、デジタル上でブロックを積み上げて遊ぶゲームです。

 

いわゆるボクセルワールドですね。

 

冒険や発掘、牧畜、建築など遊び方が多数あり、ゲームとしてだけでなくプログラミング学習の導入としても注目されていますよ。

 

子どもが将来の流行をつくる

 

デジタルネイティブという言葉を聞いたことがありますでしょうか。

 

今の子どもは、幼少期からインターネットが使える環境にあり、マニュアルなどがなくてもスマホを触れるということです。

 

今後を考えると、今の子どもはボクセルネイティブのため、将来的に利用頻度が高くなるのではないかと言われていますよ。

 

そのため、ゲームや実生活とボクセルが身近になる可能性も高く注目されていますね。

 

自由度が高い

 

ボクセルは、ボックスを積み上げて作品を作り上げるため細かい部分は表現することができません。

 

そのため、個人の感性によって作品が大きく変わり、自由度が高いアートだとも考えられます。

 

メタバースの将来性がある

 

メタバース上でもボクセルアートの需要が高いことも、ボクセルアーティストが職業として注目されている理由のひとつです。

 

Sandbox(サンドボックス)は、最も注目されているメタバースプラットフォームで、ボクセルでできた世界「ボクセルワールド」のメタバースです。

 

そのため、「ワールドビルダー」と言われるボクセルワールドをつくる需要が高まることも予想されます。

 

ボクセルのアイテムNFTをつくることもボクセルアーティストの需要を高めると考えられますね。

 

ボクセルアートの作り方・おすすめツール

 

ボクセルアートは無料のツールを使用してつくることができますよ。

 

ここでは、おすすめのツールを4つ紹介します。

 

おすすめボクセルツール

  • VoxEdit(ボックスエディット)
  • GOXEL(ゴクセル)
  • Magica Voxe(マジカボクセル)
  • Blender(ブレンダー)

 

VoxEdit(ボックスエディット)

 

 

 

≫VoxEdit公式ページ

 

「VoxEdit」はメタバースプラットフォームのサンドボックスが無料配布しているソフトです。

 

VoxEditを使うと、簡単なアニメーションを加えることもできますよ。

 

テンプレートも用意されているので、初心者でも始めやすいツールですね。

 

Goxel(ゴクセル)

 

 

 

≫App Storeはこちら

 

GoxelはiOSやPCで利用ができるツールです。

 

ただし、作成したボクセルアートをエクスポートするときには、有料課金をしなければならないので注意しましょう。

 

Magica Voxe(マジカボクセル)

 

 

 

≫Magica Voxel公式サイト

 

「Magica Voxel」は、初心者でも簡単な3Dドット絵がつくれるツールですよ。

 

最もメジャーなボクセルアート制作ツールで、PCにダウンロードをして利用します。

 

  1. 公式サイトにアクセス
  2. デバイスを選択しダウンロード
  3. ファイルを解凍する

 

ボックスを削ったり加えたりして、ボクセルアートをつくることができます。

 

本格的なボクセルアートを作成したい人は、Magica Voxelが機能が多いためおすすめですね。

 

Blender(ブレンダー)

 

 

 

≫Blender公式ページ

 

VoxEditに比べて、より複雑なアニメーションを加えるなら、Blenderがおすすめですよ。

 

ただし、Blenderで作成したボクセルアートは、VoxEditに読み込むことができません。

 

そのため、Blenderでつくった作品をMagicaVoxelのファイル形式でエクスポートし、VoxEditへエクスポートが必要です。

 

ボクセルアートNFTを出品する方法【5ステップ】

 

ボクセルアート出品の5ステップ

  • GMOコインでETH(イーサリアム)を購入する
  • メタマスク(暗号通貨ウォレット)を作成する
  • メタマスクへETHを送金する
  • NFTマーケットプレイスに接続する
  • マーケットプレイスへ出品する

 

GMOコインでETH(イーサリアム)を購入する

 

ボクセルアートの売買は暗号通貨でおこなわれます。

 

販売するときにも、ガス代(ブロックチェーン使用料)でイーサリアムがかかるため購入が必要ですよ。

 

そのため、まずは暗号通貨取引所を無料開設しましょう。

 

開設後に暗号通貨の購入ができるため、今回はイーサリアムを購入してくださいね。

 

今すぐGMOコインを開設しよう

 

NFT副業にチャレンジするなら、GMOコインがおすすめですよ。

 

他にも「コインチェック」や「ビットフライヤー」など大手の取引所がありますが、実はこれらは「購入手数料」と「送金手数料」が高い特徴があります。

 

GMOコインなら購入手数料を抑えつつ、送金手数料ゼロで利用することができますよ。

 

そのため、まだ開設していない人は今すぐに無料開設しましょう。

 

GMOコイン

\ たった10分で申込み完了! /

無料開設する

 

メタマスク(暗号通貨ウォレット)を作成する

 

取引所を開設した次に、ボクセルアートを出品する際に必要となるメタマスクを作成します。

 

これは、暗号通貨のお財布のイメージで、ガス代を支払うときに使用したりしますよ。

 

作成する手順はこちらで進めましょう。

 

  1. 「Google Chrome」 へアクセス
  2. 「環境設定」を選択
  3. 「拡張機能」を選択
  4. 「Chromeウェブストア」で「MetaMask」を検索
  5. インストールをして「ウォレット作成」を選択

 

メタマスクへETHを送金する

 

メタマスク作成が終わったら、取引所からメタマスクへ購入したイーサリアムを送金します。

 

MetaMaskを開き「0x〜」をコピーします。

 

GMOコインで「送金:暗号通貨」を選択し、送金宛先にコピーした「0x〜」をペーストしましょう。

 

送金をすると、2〜10分程度で送金が完了しますよ。

 

NFTマーケットプレイスに接続する

 

メタマスクにETHが準備できたら、NFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)へ接続します。

 

オープンシーは世界最大のNFTマーケットプレイスで、ボクセルアートのNFTだけでなく、NFTミュージックやNFTアートも売買がおこなわれていますよ。

 

≫OpenSea公式ページ

 

オープンシーへアクセスすると、メタマスクへの接続許可が求められるので、許可すれば完了です。

 

マーケットプレイスへ出品する

 

接続が完了したら、OpenSeaでボクセルアートの出品ができますよ。

 

ボクセルアーティストになるには【稼ぐ方法も解説】

 

ボクセルアーティスト将来性

  • NFTコレクションを運営する
  • ボクセルアート制作を請け負う
  • コンペティションへ応募する
  • ボクセルワールド制作をする【Create to Earn】

 

NFTコレクションを運営する

 

まずはボクセルアーティストとしての知名度を高める必要がありますよね。

 

そのためには、まずはNFTコレクションを運営することがおすすめです。

 

コレクションを運営して購入者が増えることで、コレクションの知名度も高まりますよ。

 

ボクセルアート制作を請け負う

 

NFTコレクションを運営せずとも、アーティストとしてボクセルアート制作の依頼をもらう方法もありますね。

 

Sandboxが正式ローンチすると、アバターやワールドの制作需要が高まるため、知名度を高めておくと高額報酬がもらえる可能性も高くなりますよ。

 

コンペティションへ応募する

 

ボクセルアーティスト向けのコンペティションがおこなわれています。

 

コンペティションへ応募し、入賞すると賞金や特典をもらうことができますよ。

 

自分の実力を試すこともできるので、コンペティションへの応募はおすすめですね。

 

ボクセルワールド制作をする【Create to Earn】

 

ワールドは入場料を取ることができます。

 

そのため、ボクセルワールドを制作して入場料をとると、不動産収入のように不労所得を得ることができますよ。

 

まさに、「Create to Earn」ですね。

 

ボクセルアートNFT作り方まとめ

 

まとめ

  • ボクセルアーティストは将来性がある
  • アーティストの数が少ないため優位性がある
  • ボクセルアートは無料で始められる
  • NFT化をすると稼ぐこともできる
  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-NFT