仮想通貨

クリプト投資・運用で稼ぐ3つの方法とは【完全未経験OK】

こんな方におすすめ

  • ビットコインで投資や運用をする方法が知りたい
  • クリプト(仮想通貨)に興味があるけどリスクや損をしないか怖い

このように感じている方へお届けいたします。

たしかに、ビットコインなどのクリプトは価格の上がり下がりが激しいイメージがあり、リスクが大きいのではないかと不安になる人も多いと思います。

中には購入しようとしたけれども、家族や友人・知人から止められた人もいるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、クリプトの投資は誰でも簡単にはじめられて、低リスクで購入・運用をすることもできます。

むしろ、円安が進んでいる今は銀行にお金を預けているよりも、ビットコインを購入する方が良いという投資家もいるほどです。

最大年率50%以上の運用方法(100万円の運用で一年後に+50万円)もあります。

ちなみに銀行の利率は、0.001%なので100万円預けても1,000円しかもらえません。

ここではがweb3キャリアコンサルタントなべけんが、初心者でも簡単かつ安心にクリプトの投資・運用をはじめる方法をご紹介いたします。

この記事で分かること

  • はじめてのクリプト取引はコインチェックがおすすめ
  • コインチェックでも誰でも簡単に運用ができる
  • ハッシュハブを使うとより高い利率で運用ができる
  • DeFi運用をすると最大年率50%以上の方法がある

6月30日(木)まで!

コインチェック口座を無料開設して、1円でも入金すると2,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!

審査に時間がかかることもあるので、まだ登録していない人は今すぐに登録しましょう!

コインチェック

»【たった5分】無料開設する

誰でも簡単にクリプトを投資・運用する3つの方法

3つの運用方法

  • コインチェックの貸出サービス
  • ハッシュハブの貸出サービス
  • クリプトをDeFi(分散型金融)運用

コインチェックのレンディングサービス

コインチェック レンディング

>>【簡単10分】今すぐコインチェック無料開設する

クリプトの購入ができる取引所コインチェックでは、購入したクリプトを貸し出すことができます。

貸し出しの期間に応じて利益を得ることができるので、ずっと持っているだけなのであればほっとくだけでクリプトが増えますよ。

無料でコインチェックの口座開設

コインチェックの無料口座開設をしていない人は、まずは口座開設から始めましょう。

開設に郵送物などの提出は必要なく、スマホやPCから最短10分程度で完結できるのでまずは開設してみてください。

詳しく知りたい人はこちらで解説しているので、ぜひ参考にしてください!

コインチェック
コインチェック評判やばい?低リスクで失敗しない貸仮想通貨運用とは【口座開設方法あり】

開設したらクリプトを購入する【まずはビットコインがおすすめ】

コインチェックが開設できたら、まずはビットコインを購入してみましょう。

貸出サービスを利用するときには最低10,000円分からになるので、レートが少し下がっても貸し出せるように11,000円分購入しましょう

必ず販売所ではなく取引所で購入しよう

知らない人が多いですが、コインチェックのアプリトップから購入すると手数料で損をすることがあります。

1円でも損をしないために、取引所で購入することが必須ですよ。

ご紹介する画像のとおりに購入すればOKです。

まずは「アカウント」を選択して、次に「FAQ/問い合わせ」を選択しましょう。

コインチェック 販売所

コインチェック 販売所

問い合わせ画面で下までスクロールすると「ビットコイン取引所」が出てくるのでタップします。

ここに出てきた画面で、必要項目を入力すると手数料最安でビットコインの購入ができますよ。

コインチェック 販売所

コインチェック 販売所

貸暗号資産アカウントへ振替

コインチェックにはアカウントが複数あり、貸出サービスを利用するためには「貸暗号資産アカウント」へ切り替える必要があります。

アカウントの画面から「取引アカウント」をタップすると、「貸暗号資産アカウント」へ切り替えの案内が出るので切り替えましょう。

切り替えた次に、取引アカウントにあるビットコインを貸暗号資産アカウントへ振替を行います。

コインチェック アカウント切り替え

コインチェック 振替

一覧から振替たいクリプトを選択し実行すると、貸暗号資産アカウントへ振替が完了です。

コインチェック 振替

コインチェック 振替実行

貸し出したいクリプトを選択し、貸し出す量と貸出期間、自動貸出をチェックすれば完了です!

ほっとくだけでクリプトが貯まりますね。

コインチェック

コインチェック

あえてリスクを上げるとすると、コインチェック社の倒産やハッキングなどが挙げられます。

コインチェックのような大手の取引所であれば、クリプトに注目が集まっている今は倒産は考えられにくいですね。ハッキングについてもコインチェックはセキュリティ対策を万全にしているため、貸し出しによる運用は最も低リスクと考えられますよ。

なべけん
コインチェックの貸し出しサービスはとても人気なので、わたしも申し込んでから貸出スタートまで数週間かかりました!1日でも早く利用できるように、まずは無料口座開設だけでもしておきましょう!

ハッシュハブのレンディングサービス

ハッシュハブ レンディング

引用:HashHubホームページ

2つ目にご紹介するサービスもクリプトを貸し出すことで、利益を得られるレンディングサービスです。

ハッシュハブという企業が運営しているサービスで、コインチェックよりも利率が高いことが特徴ですね。

hashhub

コインチェックでは取り扱っていないクリプトを扱っており、利回りも高く設定されていることがわかりますね。

企業名 株式会社HashHub
住所 東京都文京区本郷3–38–1本郷信徳ビル7階
代表取締役 平野淳也
資本金 980万円
設立 2018年4月

ハッシュハブにユーザー登録する

まずはハッシュハブのホームページからユーザー登録をしましょう。

  • メールアドレス登録
  • 本人情報(国籍/氏名/住所/電話番号)
  • 本人確認(運転免許証/パスポート/マイナンバーカードなど)
  • 2段階認証の登録

ハッシュハブにビットコインを送金

まずはコインチェックなどで購入したビットコインを、ハッシュハブへ送金の手続きをします。

ハッシュハブのアドレス宛にコインチェックなどの取引所からクリプトを送付します。

アドレスが長いので必ずコピペをして送付先の登録をしましょう。

ビットコイン以外のクリプトは、レンディング登録の最低金額が高いので初心者はビットコインのレンディングを利用しましょう。

レンディング登録

送付が完了したら、レンディング登録「暗号資産を貸し出す」を登録していきます。

ハッシュハブを利用するリスクは、企業の信頼性がコインチェックなどの大手取引所に比べると低いことが挙げられます。

ベンチャー企業なので、もし倒産してしまうと預けた資金がなくなってしまう可能性もゼロではないので自己判断になりますね。

パンケーキスワップでDeFi運用をする【中級者向け】

PancakeSwap

引用:PancakeSwapホームページ

クリプトを運用する方法には、レンディングサービス以外にDeFi(ディファイ)という運用方法がありますよ。

DeFi運用をするためにはパンケーキスワップという交換所を利用します。

DeFiとは

DeFiとは、decentralized financeの略で分散型金融という取引の方法です。銀行などの中央集権的な金融取引ではなく、スマートコントラクトというプログラムで管理されているのです。

そのため手数料がかからず自動で管理される仕組みで、わたしが運用しているものは金利60%以上のものもあります。

DeFi運用はハイリターンなので、その分リスクも高いです。

またこれからご紹介する手順を見ていただくとわかりますが、慣れるまでは操作が多くミスをしてしまう可能性も高くなっています。

クリプトの世界ではミスをしてしまうと、所持していたクリプトがなくなってしまうこともあるので、不安な人は最初にご紹介したコインチェックのレンディングがおすすめですね。

チャレンジャーはぜひDeFi運用について挑戦してみてください!

pancakeswap-pic
PancakeSwapの失敗しない使い方•仮想通貨CAKE稼ぐ方法とは【初心者OK】

ここでは運用するまでの概要をご紹介いたしますね。

バイナンス(海外版のコインチェック)開設

まずは海外のクリプト取引所であるバイナンスで、コインチェックと同様に無料で口座を開設しましょう。

バイナンスを開設しなければ、パンケーキスワップまで資金が辿り着かないため必要な作業になります。

binance
バイナンスの失敗しない登録からステーキングを画像14枚で解説【招待コードあり】

コインチェックからバイナンスへクリプトを送金する

バイナンスの開設が完了したら、コインチェックからバイナンスへクリプトの送金をしていきます。

【バイナンスを経由する理由】

クリプトは取引の履歴がブロックチェーンという台帳に残されています。そして、このブロックチェーンにはいくつか種類がありますよ。

取引所によっては対応していないブロックチェーンがあり、対応していないブロックチェーンにクリプトを送付するとなくなってしまうのです。

パンケーキスワップが利用できるBCSというブロックチェーンは、コインチェックが対応していないため、対応しているバイナンスへ一度送付する必要があるのです。

DeFi運用までの道のりは難しいですね。

メタマスク(クリプトのお財布)を開設

バイナンスの開設後は、メタマスクというクリプト用のお財布を開設します。

コインチェックやバイナンスは銀行と同じイメージなので、銀行のお金を使って直接買い物はできないですよね。

そのため、メタマスクというクリプトのお財布を用意する必要があります。

バイナンスからメタマスクへ送金

クリプトウォレットが開設できたら、バイナンスからメタマスクへクリプトを送付しましょう。

このときに、ブロックチェーンも指定するのですが、BSCブロックチェーンを指定しましょう。

パンケーキスワップ(DeFiサービス)で運用

メタマスクにビットコインが入金されたら、運用方法がいくつかあるため選択して運用をしていきましょう。

初心者にクリプトをおすすめする3つの理由

おすすめ理由

  • 円安で日本円の価値が下がっている
  • クリプトの将来性に注目が集まっている
  • ブロックチェーン技術を使ったWeb3.0の注目

円安で日本円の価値が下がっている

車に乗る方は「ガソリンが高いなあ」と思ったことはありませんか。

これは原油価値の上昇だけでなく、円の価値が下がっているためより金額が高く感じてしまうのです。

日本は原油は輸入しているため、ガソリンにかかわらず輸入商品は年々値段が上がってきていますね。

銀行にお金を預けているということは、価値が下がっている日本円に投資をしているということになります。

円の価値が下がってきているので、貯金をしていることはむしろリスクとも言えますよね。

そのため、将来的に価値が上がると言われているクリプトに投資する方がリスク回避とも言えるのです。

クリプトの将来性に注目が集まっている

わたしがクリプトに投資している理由で最も大きな割合を占めているものは、自分よりもはるかに優秀で著名な方々がクリプトに投資をしているためです。

アンドリーセン・ホロウィッツがクリプト関連企業へ投資

みなさんは世界で最も有名なベンチャーキャピタルの企業をご存知でしょうか。

a16zと略されるアンドリーセン・ホロウィッツは、現在の大手企業はまだベンチャー企業として資金が少ないときに投資をしている企業です。

なべけん
ちなみにベンチャーキャピタルとは、ベンチャー企業へ投資を行っている企業のことですね

a16zが投資をしていた企業には、FacebookやSlack、Airbnb、Githubなどが挙げられます。今では誰もが知っている企業に対して、無名だった頃から投資をしているのです。

そのa16zが今はクリプト関連の企業に投資をしているため、これからさらに伸びるという期待が集まっているのです。

他にも著名な海外の投資家で「投資ポートフォリオの10%以上をクリプトにするべきだ」と断言している人もいるほどですよ。

自分よりも優秀な人がそう言っているので、わたしはほぼ無意識でクリプトを100万円以上投資していますね。

ブロックチェーン技術を使ったWeb3.0の注目

さらにクリプトそのものの価値だけでなく、クリプトが関わるブロックチェーンを使った技術も注目を集めています。

その技術によって生み出される新しいWebの世界を「Web3.0(ウェブスリー)」と言い、注目を集めているのです。

Web3.0の世界ではID・パスワードが不要!

新しいサービスに登録するとき、ID・パスワードがめんどくさいと思ったことはありませんか。

めんどくさいだけでなく企業の個人情報の流出ニュースを見ると、会員登録をすることに対して不安感すら持ちますよね。

ですがブロックチェーンの技術を利用すると、会員登録をせずにサービスを利用できるのです。

実際に、NFTが購入できるOpenSeaというマーケットプライスでは会員登録をせずに、NFTアートを購入することができますよ。

このようにクリプトにまつわる技術革新が進んでおり、投資対象としている人も多いのです。

クリプトの投資・運用のリスクとデメリット

ではクリプトの投資はメリットしかないのかと言われると、そうではありません。

注意ポイント

  • 価格の変動がしやすい
  • マイナー銘柄は注意
  • DeFiはハイリスク・ハイリターン

価格の変動がしやすい

みなさんもニュースで見たことがあると思いますが、イーロンマスクの発言で価格が変動するなどがあり変動しやすいことがあげられますね。

ですが、これについては長期間保有(ガチホ)をすれば全く問題ないですよ。

ビットコインの価値は将来1億円になると言われている

短期間で売買するとなると価格の変動はデメリットですが、長期間で見れば価格が下がっても売らなければ全く影響はありません。

さらに2022年は1BTC=430万円程度ですが、将来的には2倍以上の1億円の価値になると予想されているデータも数多くあります。

そのため、ガチホをするのであれば価格変動はリスクになりませんね。

マイナー銘柄は注意

クリプトを購入しようとした人の中に「何を買えばいいかわからない」という経験があるのではないでしょうか。

このように悩んだ結果、マイナーなクリプトを購入してしまうと通貨の価値がなくなりマイナスになってしまうこともあるのです。

なので、マイナーコインを買わずにメジャーなコインだけを買えばOKです。具体的には、ビットコインとイーサリアムであれば安心して購入できますよ。

クリプトの運営団体について調べてから買おう

クリプトも株の購入と同じように、運営組織について調べてから購入するようにしましょう。

今後の展開や組織の特徴も異なるため、マイナーコインを買うときには徹底的にリサーチしてくださいね。

DeFiはハイリスク・ハイリターン

ご紹介したパンケーキスワップで運用するようなDeFiは損失のリスクがかなり高いです。

なので、初心者は利用しなければOKだと思っています。

趣味としてお金を使うのであれば問題ないですが、生活資金を切り崩してDeFi運用をするのはおすすめできませんね。

はじめてのクリプトの投資運用まとめ

まとめ

  • 日本円の価値が下がっている今はクリプト投資がむしろ低リスク
  • 将来的には2倍以上の価値になると予想されている
  • 著名なベンチャーキャピタルがクリプト企業に投資している
  • 初心者はコインチェックの貸し出しサービスがおすすめ
  • より高い利率を得たい人はハッシュハブがおすすめだがベンチャーなので個人的には不安
  • ハイリスクハイリターンにチャレンジしたい人はDeFiがおすすめ
  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-仮想通貨