Web3転職

副業DAOワーカー稼ぎ方とは?仕事の募集方法や参加方法・働き方を解説

こんな方におすすめ

  • DAOって聞くようになったけど副業でできるか知りたい
  • 少し調べてみたけどDAOで仕事募集が見つからない
  • DAOワーカーの稼ぎ方が気になる

 

株式会社のあたらしい組織と言われ注目されていますが、まだ情報が少ないのが実態ですよね。

 

実際にDAOでの仕事の募集方法について調べたけど、なかなか出てこなかったという人がいるかもしれません。

 

副業DAOワーカーとして働いている人はすでにいますよ!

そのためきちんと情報収集をすれば、副業で働くことは十分にできます!

 

なべけん
Web3キャリアコンサルタントなべけんが、副業DAOワーカーの働き方や募集方法、働くためのポイントを解説します。

 

この記事で分かること

  • DAOとは社長や上司などに中央集権的管理がされていない
  • 副業でDAOワーカーになれる
  • 報酬は暗号通貨で支払われる
  • DAOで仕事獲得するにはDAOへ貢献が必要

9月30日まで!

コインチェック口座を無料開設して、1円でも入金すると1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!

審査に時間がかかることもあるので、まだ登録していない人は今すぐに登録しましょう!

コインチェック

»【たった5分】無料開設する

そもそもDAO(自律分散型組織)とは【わかりやすく解説】

  • スマートコントラクトによる意思決定【ブロックチェーン】
  • DAOのビジネスモデル【トークンエコノミクス】

スマートコントラクトによる意思決定【ブロックチェーン】

 

スマートコントラクトとは、あらかじめ設定されたルールに基づいてブロックチェーン上の取引(トランザクション)がおこなわれるプログラムのことです。

 

スマートとは「賢い」だけでなく「自動的に実行される」という意味があり、これを指していますよ。

 

従来の組織は中央集権的に管理されており、株主や組織の意思に基づいて決定されていることがほとんどでした。

 

ですが、スマートコントラクトを実装すれば、人が介入することなく組織の意思決定がされるのです。

 

ガバナンストークン利用するDAOのビジネスモデル【トーケノミクス】

 

株式会社は「株式」を発行することで、

 

一方でDAOはガバナンストークンを発行して、組織運営をするビジネスモデルです。

 

ガバナンストークンは流動性が供給されれば、資産価値が生まれて投資対象にもなります。

 

また、一部のDAOではガバナンストークンが報酬として使われることもあり、給料として企てることができますよ。

 

それだけではなく「ガバナンストークン」という名前のとおり、DAOの意思決定にかかわることもできるのです。

 

ガバナンストークンを多く所有していればいるほど、大きな影響力を持っているといえますね。

 

DAO(自律分散型組織)で活躍している仕事・働き方

  • 開発者
  • コミュニティ・マネージャー
  • コンテンツ・クリエイター
  • デザイナー
  • オペレーション・ファシリテーター
  • ファイナンシャル・マネジメント

ブロックチェーンエンジニア

 

DAOを運営するためには、スマートコントラクトの存在が欠かせません。

 

スマートコントラクトによる意思決定には、資産(暗号通貨)がかかわることもあるため、欠陥があると運営ができなくなってしまいます。

 

長期的に運営するためには、スマートコントラクトの開発者が必要になりますよね。

 

まだまだ、ブロックチェーンエンジニアやスマートコントラクトエンジニアの数は少ないので、今から勉強をしておくと希少な人材になることができますね。

 

コミュニティマネージャー

 

DAOはデジタルなコミュニティで、スマートコントラクトによる意思決定が必要ですが、大前提として人が所属するコミュニティですよね。

 

なので、新しく参画したDAOメンバーをリードしてあげたり、DAOについての質問に答えたりすることも必要です。

 

これらの役割を果たす仕事が「コミュニティマネージャー」になります。

 

コミュニティが良い雰囲気になるかどうかはコミュニティマネージャーにかかっているとも考えられる重要な仕事ですよ。

 

コンテンツクリエイター

 

DAOが良い組織になるためには、DAOについてのレクチャーや教育が欠かせませんよね。

 

そのため、DAOの集客や教育のために「ライター」や「ブロガー」、「ビデオクリエイター」が欠かせない存在です。

 

また、これはDAOワーカーとして許可を求めずにDAOへの貢献者(コントリビューター)になることができるので、最も簡単な方法のひとつです。

 

自分でブログやYouTubeを公開し、コンテンツをDAOへ共有することで自然とDAOワーカーとして参入することができますね。

 

デザイナー

 

デザイナーもDAOコミュニティを活性化させるためには欠かせない仕事です。

 

コンテンツクリエイターと共同して、サムネイルや画像の作成をすることもあれば、DAOの活動の一環としてNFTプロジェクトを立ち上げることもあります。

 

また、DAOが商品を開発しているのであれば、デザイナーの存在はより欠かせなくなりますよね。

 

副業DAOワーカーとして働くことも可能なので、別プロジェクトと両立してNFTデザイナーでかかわる方法も可能です。

 

オペレーター・ファシリテーター

 

DAOは自律分散型組織と言われていますが、組織をまとめる人がいなくても良いかと言われるとそうではありません。

 

やはり、組織全体が正しい方向に進み、重要なタスクを完了できるようにまとめる役割は必要になります。

 

これを担当する仕事がオペレーターやファシリテーターです。

 

オペレーターやファシリテーターは、プロジェクト管理の責任者や、マルチシグネチャーの著名者、人材のマッチングをDAO内でおこないます。

 

ファイナンシャル・マネジメント

 

DAOは組織なので資金を持っていますよね。

 

この資金を配分する方法や資金管理をする仕事がファイナンシャルマネジメントです。

 

また、財務管理や予算作成、財務報告書の発行などは、従来の組織と同じくDAOでも必要とされています。

 

DAOへの参加方法・仕事の募集方法とは【副業OK】

 

大前提としてDAOは、従来の組織のような面接はありません。

 

そのため、誰でも自由に参加ができます。

 

ただし、参加するだけでは仕事をもらうことができません。

 

ここでは仕事につながるようなDAOの参加方法について解説します。

 

DAOへの参加方法とは

  • Discordで議論に参加する
  • ガバナンスの議論に意見を出す
  • 単発のプログラムに参加する
  • アルバイトに参加する
  • 仮想通貨を購入する

Discordで議論に参加する

 

DAOの議論は「Discord」というアプリでおこなわれていることが多いです。

 

会社で使っているchatworkやslackと同じような使い方ですね。

 

Discordでおこなわれている議論に参加することで、自分の知名度や専門性をアピールでき、仕事につながる可能性が高くなりますよ。

 

ガバナンスの議論に意見を出す

 

議論に参加するのは、日々のやり取りだけでなくガバナンス(組織方針)も必要です。

 

政治活動と似ていますね。

 

DAOは組織の運営方針や取り組みをガバナンストークンを利用した投票で決めますが、自分の意見を表明することは誰でも自由にできます。

 

意見を表明することで、DAOの中でも知名度を高めることができますね。

 

単発のプログラムに参加する

 

DAOの中では、株式会社の組織と同じように単発プログラムへが募集されていることがあります。

 

これには、応募するために条件が必要になることもありますが、自分のスキルが活かせる仕事があれば十分活かせますね。

 

インターンシップに参加する

 

DAOでもコアコントリビューターではなく、インターンシップの募集をされていることがあります。

 

いきなりコアコントリビューターになるにはハードルが高いため、一般に開かれているインターンシップへ参加し、実績を残すことも大切ですね。

 

暗号資産(仮想通貨)を購入する

 

最後は働き方とは異なりますが、仮想通貨を購入してDAOのガバナンスに参加することができます。

 

ガバナンストークンは、DAOワーカーとしての報酬だけでなく、取引所で購入することができます。

 

トークンを所有している量に応じて投票の影響力が増し、ガバナンスに参加することができるのです。

 

暗号通貨の価値が上昇すれば投資利益を得ることができる、最も簡単なDAOへのかかわり方といえますね。

 

DAO(自律分散型組織)の稼ぎ方

  • フルタイムワーク
  • 助成金(グラント)
  • 懸賞金
  • 参加KPIによる評価
  • 製品やサービスの報酬

フルタイムワーク

 

ひとつ目は、会社員と同じくフルタイムのコントリビューターとしてDAOで働く方法です。

 

ただ、実態としてはこの働き方はまだ少ないようですね。

 

そもそも募集していることが少ないため、いきなりフルタイムで働ける可能性はかなり低いですよ。

 

助成金(グラント)

 

次は、DAOから助成金をもらう方法です。

 

DAOでは、自分がチャレンジしたいことやDAOのリソースを活用するために案を出すことができます。

 

プロジェクトとして出すこともできますが、案を出すときには個人で出すこともできますよ。

 

この案が採用されると、DAOから助成金という形で出資を受けることができます。

 

もちろんプロジェクトの運営・遂行に費用を使うことが目的ですが、一部を個人の報酬として割り当てることも可能です。

 

懸賞金

 

DAOの中で、懸賞金がかかっているイベントが実施されることがあります。

 

このイベントやコンペに参加し優秀な成績を収めることで、報酬を得ることができますよ。

 

参加KPIによる評価

 

DAOでの評価はDAOへの貢献度によって決まります。

 

この貢献度はKPI化されており、達成度合いに応じた成果報酬を得ることができるのです。

 

製品やサービスの報酬

 

これは株式会社と同じような働き方です。

 

コンテンツクリエイターやデザイナーとしてDAOへ貢献した際に、対価として報酬をもらう方法ですね。

 

たとえば、NFTクリエイターとして活動した際には、DAOから報酬を得ることができます。

 

まずはNinjaDAOへ参加しよう

 

日本最大級のDAOである『Ninja DAO(忍者ダオ)』は必ず入っておきましょう。

 

誰でも簡単に無料で入ることができますよ。

 

大人気NFTプロジェクトであるCNPや、他にもさまざまなプロジェクトが立ち上がり、議論がおこなわれています。

 

CHIMNEY TOWN DAO【キンコン西野氏】は初心者△

 

キンコン西野氏がファウンダーの『CHIMNEY TOWN DAO(チムニータウンダオ)』も多くの日本人が参加しているDAOです。

 

DAOに参加するためにはNFTが必要となり、非常に高額なので初心者にはあまりお勧めではありません。

 

副業DAOワーカー稼ぎ方とは?仕事の募集方法や参加方法・働き方まとめ

 

まとめ

  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-Web3転職