メタバース

Decentraland(ディセントラランド)怪しい?始め方・稼ぎ方とは【知識ゼロOK】

こんな方におすすめ

  • Decentralandって聞いたけど始め方がわからない
  • メタバースの稼ぎ方が知りたい
  • Decentraraland始めたいけどなんか怪しくて不安

 

メタバースの情報収集していると「Decentraland(ディセントラランド)」という言葉が出てきて気になりますよね。

 

中には、始めようとしたけど勇気が出ない人もいるかもしれません。

 

Decentraland(ディセントラランド)であれば、無料で始めることもできるメタバースプラットフォームで安心ですよ。

 

さらにブロックチェーンゲームとして稼ぐこともできるので、メタバースに興味ある人は必見です。

 

なべけん
ここでは、Web3キャリアコンサルタントなべけんが、Decentraland(ディセントラランド)の始め方・稼ぎ方を紹介しますね

 

この記事で分かること

  • 無料で始められるメタバースプラットフォーム
  • 始め方をチェックすればたった10分でできる
  • 稼ぎ方を知れば今すぐに収入も得られる
  • まずは暗号資産取引所の無料開設がおすすめ

メタバースをはじめるなら、送金手数料無料のGMOコインの無料開設が必須です。

ビットフライヤーであれば、ETH(イーサリアム)の送金時に「0.005ETH(1,000円以上)」もかかってしまいます。

GMOコインなら暗号通貨の送金手数料ゼロかつ取引所購入で手数料が少ないため損をせずに済みますよ。

GMOコイン

Decentraland(ディセントラランド)とは

decentraland(ディセントラランド)

  • 無料で遊べる
  • VRプラットフォーム
  • 暗号通貨(仮想通貨)「MANA」が独自トークン
  • アバターが3Dポリゴン【The Sandboxとの違い】
  • ゲーム性が弱い【Axie Infinityとの違い】

VRプラットフォーム

 

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムブロックチェーン上にあるVR(バーチャル・リアリティ)ゲームです。

 

VRとメタバースの違いは?

メタバースは仮想空間そのもののことを指しています。

一方でVRは、体験のための手段や技術のことですよ。

 

無料で遊べる

 

ブロックチェーンゲームと聞くとお金がかかるイメージがありますが、Decentraland(ディセントラランド)なら無料で楽しむこともできます。

 

そのため、初心者であっても安心して始められますよ。

 

暗号通貨(仮想通貨)「MANA」が独自トークン

 

Decentraland(ディセントラランド)は、メタバース上で利用できる暗号通貨(仮想通貨)「MANA(マナ)」を発行しています。

 

「MANA」は、Decentraland(ディセントラランド)上で利用することができますよ。

 

  • アイテム売買
  • ミニゲーム
  • イベント参加 など

 

3Dポリゴンのメタバース【The Sandboxとの違い】

 

画像を見てわかるとおり、Decentralandではアバターやバーチャル空間がリアルに近い3D「3Dポリゴン」になっていますよね。

 

一方で、Decentralandと同じく注目されている「The Sandbox」では、アバターとバーチャル空間がレゴのような「ボクセル」なっていますよ。

 

はじめてボクセル空間を見たときに、違和感を感じることがあるかも知れませんが、Decentralandなら違和感なくメタバースを楽しめますね。

 

ゲーム性が少ない【Axie Infinityとの違い】

 

メタバースと聞くと、ブロックチェーンゲームがはじめに思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

 

たとえば、「Axie Infinity(アクシー・イニフィニティ)」などがこれに当てはまりますよね。

 

Decentralandは「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」という側面は弱く、メタバース空間で活動ができる現実世界の代替という側面が強いです。

 

Decentraland(ディセントラランド)始め方とは【たった3ステップ】

 

decentraland(ディセントラランド)

 

  • Metamaskをインストールする
  • アバター設定
  • アカウント作成

Metamaskをインストールする

 

Decentralandには「個人情報の登録」という概念がありません。

 

メタバースに限らず、ブロックチェーン上のサービスには登録はほとんどないです。

 

その代わりに、Web3ウォレットである「Metamask(メタマスク)」を接続すると利用できるようになります。

 

まずはMetamaskをインストールしましょう。

 

アバター設定

 

メタマスクのインストールが完了したら、公式ホームページからアクセスしメタマスクを接続します。

 

接続するとアバター設定画面が出てくるので、設定をはじめましょう。

 

アカウント作成

 

アバターを設定したのちに、アカウント作成が必要になります。

 

ここで必要情報を入力すれば、Decentralandで遊ぶ準備は完了です。

 

今すぐGMOコイン無料開設しよう!

 

GMOコイン

 

「すでに他の取引所開設しているし面倒だからいいや」

そう思いますよね。

 

ですが、GMOコインなら送金時に手数無料で送金できるので開設必須ですよ。

 

コインチェックやビットフライヤーは送金時に手数料が発生してしまいます。

 

たとえばビットフライヤーは、イーサリアムの送金に「0.005ETH(1,000円以上)」もかかってしまいます。

 

今後にETHの値上がりがすると、この送金手数料がなければ1万円以上も損しないで済んだかもしれません。

 

そのため、これから暗号通貨の送金をする人や1円でも損をしたくない人以外は、GMOコインを無料開設しないでください!

 

なべけん
すでに100万円以上の暗号通貨を購入していますが、コインチェクではなくGMOコインを使っていますよ!

 

今は手数料が安いと感じても、将来的な値上がりを考えると手数料無料は魅力的ですよね。

 

ということで、メタバース銘柄やNFTの購入に少しでも興味ある人は、今すぐGMOコインを無料開設しましょう!

 

GMOコイン

 

Decentraland(ディセントラランド)遊び方

 

decentraland(ディセントラランド)

  • Classic
  • Event
  • Crowded
  • Builder

Classic(メタバース施設で遊ぶ)

 

Decentraland内には、遊園地やアスレチックなどの施設があります。

 

脱出ゲームなどのアトラクションもあり、ゲーム感覚で楽しむことができます。

 

Event(イベントに参加する)

 

Decentralandでは、企業や個人がさまざまなイベントを開催しています。

 

コロナウイルスが蔓延したときには、リアルイベントへの参加ができませんでしたが、メタバースでは気にする必要がありませんね。

 

また主催者目線では、開催する会場の規模を考えずに集客ができるので、効率良い集客ができるとも言えますよ。

 

Crowded(メタバースで交流する)

 

Decentraland内の人が集まっている会場へ参加することができます。

 

イベントが行われていることもあり、リアルさながらの交流ができますよ。

 

また、マイクをONにすれば人と話すこともできるため、よりリアルに近い感覚で楽しめますね。

 

Builder(メタバースをつくる)

 

Decentralandでは「Builder」というツールが用意されています。

 

アイテムを組み合わせると、簡単につくることができますよ。

 

Decentraland(ディセントラランド)7つの稼ぎ方

decentraland(ディセントラランド)

  • 土地(LAND)の貸出をする
  • NFTの売買をする
  • メタバースイベントを開催する
  • 関連株を購入する
  • 暗号通貨(仮想通貨)MANAへ投資する
  • カジノ
  • イーサモン

土地(LAND)の貸出をする

 

メタバース上の土地は無限にあるわけではありません。

 

区画の販売量が決まっており、需要が高まるとメタバースの土地利用に価値が生まれますよね。

 

そのため、Decentralandの土地を保有している人は、土地の貸し出しで稼ぐことができます。

 

まさに、現実世界のレンタルスペースと一緒ですね。

 

メタバース空間では維持費用がかからないため、より収益率が高い稼ぎ方ができますよ。

 

NFTの売買をする

 

Decentralandはブロックチェーン上にあるメタバースで、扱われている土地やアイテムはNFT化されています。

 

NFTは需要と共有のバランスで価格が決まるため、需要が小さいタイミングで安く買い、高値で売れば利益を得ることができますよ。

 

まさに株やFXと同じ稼ぎ方ですね。

 

過去には、約1.1億円でDecentralandの土地のNFTが取引されたこともあります。

 

自分でつくったNFTを売ることもできる!

 

また、Decentraland内でアバターが着用するNFTファッションを販売することもできます。

 

そうすることで、メタバース上での物販ができるということです。

 

リアルとは異なり初期費用を抑えることができるので、損失が起きづらいビジネスとも考えられますね。

 

メタバースイベントを開催する

 

自分が主催者になってイベント収益を得る稼ぎ方もあります。

 

イベントは有料に設定することができるため、リアルと同じ感覚でイベント収益を得ることができるのです。

 

また、協賛企業を募りイベントで企業広告を宣伝することで、広告収益を得ることもできますね。

 

関連株を購入する

 

ここまでに紹介した方法は、正直ハードルが高いです。

 

たとえば、Decentralandの土地は100万円以上の初期費用が必要になることもあります。

 

イベントを実施するためにも、ネット上での集客が必要になるため、すぐにチャレンジすることは難しいです。

 

そのため、安心・安全ではじめられることとして、メタバース関連の株を購入することもおすすめですよ。

 

 

 

暗号通貨(仮想通貨)MANAへ投資する

 

独自トークン「MANA」への投資をする稼ぎ方もあります。

 

ステーキング報酬を得る方法もある!

 

株式やFXの投資は、そのものの価値の上昇だけが稼ぐ手段でしたよね。

 

ですが、暗号通貨には「ステーキング」という報酬を得る方法があります。

 

ステーキングをかんたんに説明すると「暗号通貨を預け入れてガバナンスに貢献する」方法です。

 

一定期間預けた報酬として、数%の暗号通貨を得ることができるのです。

 

これは「ほったらかし投資」が出るのでおすすめの方法ですよ。

 

カジノ

 

Decentraland内にはカジノがあり、暗号通貨(仮想通貨)「MANA」を稼ぐことができます。

 

ただし、遊ぶためには初めに暗号通貨が必要になるため、注意してくださいね。

 

イーサモン

 

Decentralandには「ETHERMON(イーサモン)」というゲームがあります。

 

モンスターを育成して戦わせるゲームですよ。

 

モンスターを育成すると、EMONとチケットを獲得でき、NFTと交換することで報酬を得る稼ぎ方もあるのです。

 

Decentraland(ディセントラランド)まとめ

 

まとめ

  • 無料で始められるメタバースプラットフォーム
  • 始め方をチェックすればたった10分でできる
  • 稼ぎ方を知れば今すぐに収入も得られる
  • まずは暗号資産取引所の無料開設がおすすめ

 

他にもメタバースプロジェクトは多数あります。

 

まだどのプロジェクトが普及するかなどは不透明です。

 

そのため、他のプロジェクトを今のうちに知っておくことが大切ですよ。

 

押さえておくべきメタバースプロジェクトはこちらで紹介しているので、必ずチェックしてくださいね。

 

メタバース 流行らない
メタバースは流行らないは嘘?今後や将来性とやり方・始め方を解説【完全初心者】

≫メタバースは流行らないと言われる実態とは

  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-メタバース