Web3転職

Go言語(golang)入門|特徴や将来性とは【初心者向け】

こんな方におすすめ

  • Go言語は難しそうで勉強するのが不安
  • プログラミング言語Goを勉強するか悩む
  • Go言語が人気の理由が知りたい

 

悩む前にまずは手を動かしてみればいいと分かっていても、勉強が無駄になってしまうのではと考えると不安になりますよね。

 

もしかしたら、過去にプログラミング言語を勉強して挫折した経験があるかもしれません。

 

このように悩む人であっても、Go言語なら初心者でも理解しやすく、将来性があるのでおすすめですよ。

ただし、Go言語エンジニアとしてどのように活躍できるのか把握していないと、せっかく勉強しても無駄になってしまうので注意が必要です。

 

なべけん
ここでは、Web3キャリアコンサルタントなべけんが、Go言語の特徴や将来性、エンジニアになるためにすべきことを解説します

 

この記事で分かること

  • Go言語はドローン開発やブロックチェーン開発に活かせる
  • Go言語エンジニアの需要が高く年収1,000万円の求人あり
  • まずはブロックチェーン技術に触れると将来性が体感できる

そもそもブロックチェーンエンジニアの将来性が気になる人は、まずこちらをチェックしましょう。

ブロックチェーンエンジニア
ブロックチェーンエンジニア将来性やばい?独学•未経験転職の実態とは【気になる平均年収】

≫ブロックチェーンエンジニアの将来性とは

Go言語(golang)の特徴とは

 

Go言語(golang:ゴーラング)は、Google社が開発したオープンソースのプログラミング言語です。

 

さまざまなプログラミング言語がありますが、Go言語はどのような特徴があるのでしょうか。

 

代表的な5つの特徴を解説します。

 

Go言語の特徴とは

  • 初心者でも理解しやすい
  • 処理速度が速い
  • 安全性が高い
  • 並列処理が速い
  • ライブラリが豊富にある

 

初心者でも理解しやすい

 

Go言語はコードがシンプルでわかりやすい文法が採用されています。

 

そのため、初心者でも理解しやすいプログラミング言語です。

 

もともとはC言語をもとに開発された言語のため、C言語やJavaを勉強している人は特に理解しやすい特徴があります。

 

処理速度が速い

 

Go言語は機械語変換を二段階ではなく直接することができるため、処理速度が速い特徴もあります。

 

たとえば、プログラミング言語として広く利用されているJavaでは、二段階変換のためメモリの負荷がかかってしまいます。

 

他の言語よりも処理が速いため、注目されていますね。

 

安全性が高い

 

コードの記述をするときに、記述ルールが複雑だとエンジニアごとに属人的なコードとなってしまいます。

 

ですが、Go言語であれば記述ルールがシンプルなため、コードのミスが起こりづらいです。

 

また、C言語でエラーが発生しやすい「ポインタ演算」が実装されていません。

 

ポインタ演算は正しく使用しないと、オーバーフローが起きる可能性があり、バグの原因にもなってしまいます。

 

この心配がないため、C言語に比べると安全性が高いと言えますね。

 

並列処理が速い

 

プログラミングの動作には、直列処理と並列処理がありますよね。

 

並列処理の方が、性能向上や冗長化の観点でメリットが大きいと言われています。

 

Go言語は並列処理が備わっているため、CPUに負荷をかけることなく大量のデータを処理することができるのです。

 

ライブラリが豊富にある

 

Go言語ではライブラリが1,500近くと豊富に用意されているため、開発作業を効率的に行うことができます。

 

Go言語エンジニアは将来性がある5つの理由

 

将来性がある理由

  • 平均年収960万円〜1,200万円
  • 求人数が増えている
  • 開発エンジニアの人口が増えている
  • 大手企業が導入をしている
  • イーサリアムで採用されている

 

平均年収600万円〜1,600万円

 

ビズリーチが発表した「プログラミング言語別年収中央値」によると、Go言語は第1位で600万円となっています。

 

また、最大提示年収は1,600万円で高年収です。

 

 

 

求人数が増えている

 

Goエンジニアの求人は日本だけでなく海外でも増加しています。

 

IoT開発やブロックチェーン開発にも使われており、ニーズが高まっている証拠ですね。

 

開発エンジニアの人口が多い

 

このように注目されているプログラミング言語のため、開発エンジニアの数も増加傾向にあります。

 

さらに、エンジニア向けQAサイトである「Stackoverflow」の「エンジニアが好きな言語ランキング」では、67.9%の支持を集めています。

 

stack overflow

出典:stack overflow「Most Loved, Dreaded, and Wanted Languages 

 

そのため、ノウハウが徐々に広まってきている特徴もありますよ。

 

大手企業が導入をしている

 

Go言語はすでに有名企業・大手企業で導入されている実績があります。

 

  • ヤフー
  • メルカリ
  • Gunosy
  • Google(YouTube)
  • はてな

 

特にYouTubeでは高速化のために導入をされており、実績もあるため注目されていることがわかりますね。

 

 イーサリアムで採用されている【Geth】

 

Go言語は従来のアプリケーション・ソフトウェア開発だけでなく、ブロックチェーン開発にも採用されています。

 

dApps開発で最も実績あるイーサリアム・ブロックチェーンでは、Geth(Go Ethereum)というクライアントソフトにDo言語が使われています。

 

Go言語の3つのデメリット

 

注目度が高く将来性があることを紹介しましたが、一方でデメリットもあります。

 

注意ポイント

  • 情報量が少ない
  • 例外処理ができない
  • コードの継承がない

 

情報量が少ない

 

Go言語は2012年にローンチした言語で、他のプログラミング言語に比べると情報が少ないです。

 

そのため、自分自身で模索しながら開発を進める必要も出てきます。

 

例外処理ができない

 

Go言語は、設計の段階で想定されていない問題の例外処理をすることができません。

 

例外処理があると、想定内のエラーが出てもプログラムを動かし続けることができます。

 

コードの継承がない

 

JavaやC++などのオブジェクト指向言語には「継承」という機能があります。

 

ですが、Go言語はコードの継承ができません。

 

そのため、オブジェクト指向言語で開発している人にとっては、使い勝手が悪いと感じる仕様になっています。

 

Go言語でできること5選

 

Go言語でできること

  • Webサーバー構築
  • アプリケーション開発
  • ドローン開発
  • イーサリアム上の資金移動
  • スマートコントラクトの実装

 

Webサーバー・サービスの構築

 

Go言語はライブラリが多数あるため、Webサーバーをたった10行程度で構築することができます。

 

また、Go言語はGoogleが開発したプログラミング言語で、Googleサービスとの親和性が非常に高いです。

 

さらに、LinuxやMacOS、Windows OSにも対応しているため、開発に制約が少ないという特徴もありますよ。

 

そのため、ショッピングサービスなどの開発でも実際に使われています。

 

アプリケーション開発

 

Go言語には「Go Mobile」や「Go Cloud」というツールがあり、スマートフォン向けのアプリ開発をすることもできます。

 

ドローン開発

 

Go言語にはロボティクス・IoTフレームワーク「Gobot」があり、ドローン開発にも活用することができます。

 

イーサリアム上の資金移動

 

Go言語が使われているGethでは、資金移動のトランザクションを行うことができます。

 

つまり、イーサリアム・ネットワーク間で資金の移動をすることができるのです。

 

スマートコントラクトの実装

 

イーサリアム・ブロックチェーンでは、スマートコントラクトというトランザクションに契約を実装することができます。

 

Gethを使うことで、このスマートコントラクトを実装することもできるのです。

 

いわゆるブロックチェーンエンジニアの仕事に近いですよ。

 

初心者向けGo言語(golang)の特徴や将来性まとめ

 

まとめ

  • Go言語はドローン開発やブロックチェーン開発に活かせる
  • Go言語エンジニアの需要が高く年収1,000万円の求人あり
  • まずはブロックチェーン技術に触れると将来性が体感できる
  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-Web3転職