仮想通貨

Polygon(MATIC)仮想通貨の将来性とは?失敗しないJPYC経由の買い方も解説

こんな方におすすめ

  • はじめてのNFT購入にPolygonがおすすめと聞いたけどよくわからない
  • イーサリアムと比較したPolygonの将来性がわからず購入しようか悩む
  • 低リスクで手数料が安く失敗しない買い方が知りたい

このように感じている方へお届けいたします。

たしかにビットコインやイーサリアムはよく聴くようになりましたが、Polygon(ポリゴン)はあまり聞かず不安に感じる方もいますよね。

中にはPolygonのトークンであるMATIC(マティック)購入しようと思ったけど、コインチェックで購入できずに頭を悩ませている人がいるかもしれません。

結論からお伝えすると、Polygonは初心者だけでなく上級者も多く利用しているブロックチェーンでおすすめです。

実際に100万円以上暗号資産に投資しているわたしのポートフォリオで、最も割合が多いのもPolygonブロックチェーン上の暗号資産ですよ。

難点を挙げるとすると、国内の暗号資産取引所から直接購入できないことくらいですね。

ここではWeb3キャリアコンサルタントなべけんが、Polygon(MATIC)ブロックチェーン上の使い方や暗号資産の購入方法について解説いたします。

この記事で分かること

  • Polygonとはブロックチェーンの名前である
  • 旧名称がMATICで、独自トークン名はMATIC
  • Polygonはイーサリアムブロックチェーン上にある
  • ガス代が安く処理が早いためスムーズに使える
  • Polygonを利用するならJPYC経由がおすすめ
  • PolygonでDeFi運用するならSushiSwap(スシスワップ)が高利回り
  • 低リスクで暗号資産を購入するならコインチェックが必須

9月30日まで!

コインチェック口座を無料開設して、1円でも入金すると1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!

審査に時間がかかることもあるので、まだ登録していない人は今すぐに登録しましょう!

コインチェック

»【たった5分】無料開設する

そもそもPolygon(ポリゴン)・MATIC(マティック)とは

そもそもPolygon(ポリゴン)やMATIC(マティック)が何のことがわからないですよね。

はじめに聞きなれないキーワードはどのような意味なのか解説します。

Polygon(MATIC)とは

  • Polygonとはイーサリアム上のブロックチェーンのこと
  • Polygonの旧名称がMATICなので一緒に説明される
  • Polygon独自トークンは旧名称MATICから変わっていない

イーサリアム上のブロックチェーンPolygon

まずPolygonとはブロックチェーンの名前であることを覚えておきましょう。

他のブロックチェーンには、ビットコインやイーサリアム、アバランチ、ソラーナなどがありますよ。

Polygonブロックチェーンの旧名称が「Matic Network(マティック・ネットワーク)」なので、かっこ書きで一緒に説明されることが多いです。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、台帳(家計簿のようなもの)技術のことですよ。

暗号資産の送金など取引の詳細が、ブロックチェーンという台帳に記載されるイメージですね。

Polygonはイーサリアム上のブロックチェーン(読み飛ばしてOK)

細かい説明なので読み飛ばしてOKです。

ブロックチェーンには「L1(レイヤーワン)」と言われる独自のブロックチェーンと、L1上のブロックチェーンである「L2(レイヤーツー)」があります。

PolygonはL2のブロックチェーンで、イーサリアム上にありますよ。

そのため基本的な仕組みはイーサリアムと同じなのですが、イーサリアムの課題を解決しているのがPolygonなのです。

Polygonの独自トークンMATIC

それぞれのブロックチェーンには独自トークンと言われるものがありますよ。

Polygonブロックチェーンの独自トークンがMATICで、トークン名は旧名称のままになっています。

少しわかりづらいですね。

Polygon以外は基本的にはトークン名は一致しています。

  • ビットコイン:BTC(ビーティーシー)
  • イーサリアム:ETH(イーサ)
  • アバランチ:AVAX(アヴァックス)
  • ソラーナ:SOL(ソル) など

Polygonはブロックチェーンの名前で、MATICはトークンの名前と言うことを覚えておけばOKです。

今すぐコインチェック開設して暗号通貨を準備しよう!

 

「暗号通貨ってやっぱり怪しくてまだ悩む」

そう思う人がいるかもしれません。

 

たしかに家族や友人で持っている人がいないと不安になりますよね。

 

実は日本ではまだ一般的ではありませんが、海外の有名投資家はすでに暗号通貨・NFTを購入していますよ!

 

そのため、NFTに少しでも興味ある人や、これからの円安が不安な人、少しでも多く利益を得たい人以外は、無料口座開設しないでください!

 

なべけん
超成長産業であるブロックチェーンと密接に関わっていて、著名な投資家は価値の上昇を予想していますよ!

また、仮にビットコインの価格が下がってもマイナスにはならない安心してください!

 

ということで!

無料登録していない人は今すぐに登録しましょう!

 

コインチェック

»【たった5分】無料開設する

Polygonブロックチェーンがおすすめされる3つの理由

なぜ「Polygonがおすすめ」という話をよく聞くのでしょうか。

他のブロックチェーンと異なるメリットにこのようなことがことが挙げられますよ。

おすすめされる理由

  • 処理速度が早くガス代が安い
  • NFT(エヌエフティ)購入がしやすい
  • DeFi(ディファイ)プロジェクトが多数ある

処理速度が早くガス代が安い

Polygonブロックチェーンはガス代が激安なので、投資額が少ない人でも使いやすいことが最も魅力的な点ですよ。

ガス代とは

ガス代とはブロックチェーン手数料のことです。

取引の履歴をブロックチェーンへ残すために、処理料金が発生するイメージですね。

ガス代が高い

イーサリアムで取引をしようとすると、2022年2月時点(時間帯で異なる)では、ガス代だけで7,000円近くかかることもあります。

たとえば、3,000円のNFTを購入するのに1万円になってしまうと言うことです。

ばかばかしいですよね。

ですが、Polygonであれば数円で済みますよ。

イーサリアム ガス代

イーサリアムの取引

ポリゴン ガス代

ポリゴンの取引

処理速度が早い

さらにイーサリアムでは取引するために時間がかかることが多いんですよね。

するとどうなるかというと、NFTなどを購入するときにガス代だけかかってしまい、NFTが購入できなくなってしまうこともあります。

商品が購入できずに、ガス代7,000円を捨てるのと一緒です。

これが起こりにくいので、Polygonは優秀ですね。

NFT(エヌエフティ)購入がしやすい

PolygonブロックチェーンではNFTも多数出品されており、初心者でもかんたんに購入することができますよ。

NFTとは

NFT(A Non-Fungible Token)とは非代替性トークンという意味で、アートや音楽などがNFT作品として販売されていますよ。

わかりやすく説明すると、偽装コピーができない作品ということです。

たとえば、モナリザのまったく同じ作品が2枚あるとします。すると、どちらが本物か判断できなくなってしまいますよね。

ですがNFTであれば、ブロックチェーン技術でそれぞれの作品にシリアル番号が残っているので、どちらがオリジナル作品か見分けることができるのです。

不正や盗作ができなくなる素晴らしい技術ですね。

NFTを購入するためには、OpenSeaなどのマーケットプレイスを利用するのですが、この購入にもガス代は発生してしまうのです。

さらに、出品者も出品のためにガス代を負担することになるのです。

そのため、イーサリアムではなくPolygonで出品されているNFTも多く、初心者の人は安く作品の購入が楽しめますよ。

OpenSeaでPolygonブロックチェーンのNFTを購入するときには、MATICではなくWETHが必要なので注意してくださいね。

NFTの購入方法についてもっと詳しく知りたい人は、こちらで解説しているので参考にしてください!

art
どれを買う?NFTアート失敗しない買い方と選び方【初心者おすすめはCNP 】

DeFi(ディファイ)プロジェクトが多数ある

Polygonブロックチェーン上には、DeFiプロジェクトが多数あるため運用もしやすくなっていますよ。

DeFiとは

DeFi(Decentralized Finance)とは、分散型金融のことです。

今までの金融システムは銀行が管理している中央集権的な金融(CeFi:Centralized Finance)でした。

そのため、引き落としや送金に対して銀行へ払う手数料がかかっていましたよね。

ですがDeFiではスマートコントラクト(プログラム)で管理されているため、組織や人に管理されておらず完全に分散化されているのです。

そのため利益は利用者に100%還元されており、手数料も発生しない仕組みになっています。

わたしも後に紹介する「AAVE(アーヴェ)」へ20万円分以上の暗号資産を預け入れて年率5%以上のDeFi運用をしていますよ。

ちなみに銀行へお金を預けたときの年率は0.001%程度なので、銀行の5,000倍の利率と言えますね。

Polygonの将来性や信頼できる4つのポイント

Polygonが使いやすいことはわかったと思いますが、実際に安心して使えるかどうかは不安になりますよね。

ここからは、Polygonの将来性や信頼性のポイントについて解説しますね。

将来性や信頼性のポイント

  • ユーザー数はイーサリアムに匹敵する
  • 50種類以上のDApps(ダップス)がある
  • 供給量が決まっており価値が担保されている
  • 2021年の暗号資産高騰ランキング5位

ユーザー数はイーサリアムに匹敵する

暗号資産(仮想通貨)と聞くと、ビットコインとイーサリアムがまず最初に思い浮かぶ人が多いと思います。

実は、1日の利用者数がイーサリアムを越える日もあるほど、Polygonは利用者が増えているブロックチェーンですよ。

50種類以上のDApps(ダップス)がある

DAppsという分散型アプリがPolygonブロックチェーン上に数多く作られており、利用できるサービスが多数ありますよ。

DAppsとは

DApps(Decentralized Apps)とは、分散化されたアプリケーションのことです。

みなさんが普段使っている、Appleストアでダウンロードするアプリが分散化されているイメージですね。

もしサービスが少ないと、利用者が増えないため信頼性が担保できなくなってしまいますよね。

ですが、優秀なエンジニアがPolygonブロックチェーンを選んでDAppsを開発しており利用者も多いので、多くの人が信頼しているとも考えられます。

供給量が決まっており価値が担保されている

わたしたちが利用している日本円は発行枚数に上限がないですよね。

そのため、金融緩和のために発行枚数を増やしたり金融政策が実施されていることも多々あります。

これについて考えてみると、無限に発行できるので価値が保存されていないと考えることもできます。

ですが、Polygonの独自トークンであるMATICは最大供給量が【1,000,000,000,000MATICトークン】と決まっているため、価値が保存されていると考えることができます。

2021年の暗号資産の高騰ランキング第5位

2021年の1年間で高騰した暗号資産のランキングで第5位にPolygonの独自トークンであるMATICがランクインしています。

  • 1位 SHIB 約50万倍
  • 2位 GAKA 約493倍
  • 3位 AXS 約177倍
  • 4位 SAND 約168倍
  • 5位 MATIC 約148倍

多くの人が利用しており将来性も期待できる暗号資産の1つであることがわかりますね。

【3選】失敗しないMATICトークンの買い方

ここからはMATICトークンの買い方を具体的に紹介していきますね。

購入方法は3つあるのですが、リスクや手数料が異なるので自分にあった買い方を見つけましょう。

MATICの買い方

  • DEX(デックス)でJPYCを$MATICにスワップ
  • DEXで暗号資産を$MATICにスワップ
  • 取引所Binance(バイナンス)で$MATICにコンバート【低リスク】

買い方①:DEX(デックス)でJPYCをMATICにスワップ

みなさんはJPYC(ジェイピーワイシー)という名前を聞いたことがありますか。

JPYCは円と同じ価値(1JPYC = 1円)があるステーブルコインのことです。

このJPYCはPolygonブロックチェーン上で扱うことができるので、簡単にMATICにスワップ(交換)することができますよ。

ステーブルコインとは

ステーブルコインとは、特定の通貨と同じ価値があるコインのことです。

たとえばUSDCというステーブルコインは、ドルと同じ価値のコインで「1USDC = 1ドル」ということですね。

ステーブル(stable)とは「安定した」という意味があり、価値の変動が起きないと覚えておくとイメージしやすくなりますよ。

STEP①:JPYCを購入する

まずはJPYCのホームページにアクセスすると、10,000円からJPYCの購入をすることができます。

購入したJPYCは暗号資産ウォレット「メタマスク」へ送付されますよ。

暗号資産ウォレットとは

暗号資産ウォレットとは、暗号資産のお財布ですね。

普段の買い物と同じように、銀行(暗号資産ではコインチェックなど取引所)にあるお金で直接買い物はできないですよね。

そのため、銀行からお金を下ろすイメージで仮想通貨ウォレットに送金する必要があるのです。

メタマスクのインストール方法や使い方を知りたい人は、こちらで詳しく解説しているので参考にしてください!

metamask
失敗しないMETAMASK(メタマスク)使い方とは?詐欺に引っかからないポイント解説

STEP②:DEXでスワップする

メタマスクへJPYCが着金されたら、DEX(Decentralized Exchange)という分散型取引所でJPYCとMATICが交換できるようになりますよ。

後ほどご紹介するSushiSwapを使えば簡単にスワップできます。

これでMATICが簡単にゲットできますね。

少々面倒に感じますが、2022年2月時点では一番手数料が安く済むのはJPYCを利用した方法ですよ。

買い方②:DEXで暗号資産をMATICにスワップ

暗号資産ウォレットに暗号資産がある人は、ほとんとリスクなく簡単にMATICをてに入れることができますよ。

Polygon上にない人はブリッジする

バイナンススマートチェーンやイーサリアムブロックチェーン上に暗号資産がある人は、別のブロックチェーンに暗号資産を移動するブリッジをしましょう。

移動先のブロックチェーンでサポートしていない暗号資産は、GOX(ゴックス)という暗号資産の喪失が起こってしまうので要注意です。

たとえば、PolygonではBTC(ビットコイン)もサポートしていないので、送付すると無くなってしまいます。

Polygon上に資産がある人はスワップだけで完了

Polygon上に暗号資産が準備できたら、JPYCのときと同様にDEXを使ってMATICへスワップすればMATICゲットです。

買い方③:取引所Binance(バイナンス)でMATICにコンバート

これまで紹介した2つの方法は、いわゆるDeFiによる金融取引でした。

DeFiではプログラムに穴があるとハッキングされてしまうことがあるので、一定のリスクがあります。

DeFiが不安な人は、暗号資産取引所Binanceであれば企業が運営しているのでより安心できると言えますよ。

Binanceへ暗号資産を送金する

国内取引所コインチェックでビットコインやイーサリアムを購入し、Binanceへ送金をします。

コインチェックで購入する仮想通貨は、なんでもBinanceでサポートしているのでビットコイン・イーサリアム以外でもOKですよ。

コインチェックの無料口座開設をまだしていない人は、今すぐこの記事を参考に申し込みをしましょう。

コインチェック
コインチェック評判やばい?低リスクで失敗しない貸仮想通貨運用とは【口座開設方法あり】

BinanceでMATICへコンバートする

Binanceへ暗号資産が着金したら、着金したビットコインやイーサリアムをMATICにコンバート(交換)して完了です。

企業が運営している取引所内での操作なので、GOXしてしまうリスクもなくMATICがゲットできますよ。

Binanceの無料口座開設をまだしていない人は、こちらで詳しく解説しているので参考にしてください!

binance
バイナンスの失敗しない登録からステーキングを画像14枚で解説【招待コードあり】

MATICトークン購入後に運用する3つの方法

MATICトークンは購入した後に、運用をして利益を得ることもできますよ。

ここでは代表的な3つの運用方法について紹介しますね。

MATICの運用方法

  • 取引所Binanceでステーキング【低リスク】
  • AAVE(アーヴェ)でレンディング【中リスク】
  • SushiSwap(スシスワップ)でDeFi運用【高リスク】

取引所Binanceでステーキング

暗号資産取引所Binanceでステーキングして運用するのが1つ目の方法です。

時期によりますが、このようなステーキングキャンペーンを行なっているので、簡単かつ安全に運用することができますよ。

binance matic ステーキング

引用:Binanceホームページ

最大で54.79%のAPYはバグっていますね。

繰り返しですが、日本の銀行に預け入れたときの年率は0.001%ですからね。

ただし、ステーキングしている期間中は対象の暗号資産を売買を使うことができないので注意が必要です。

ステーキングとは

ステーキングとは、仮想通貨をホールドすることでコミュニティに貢献し、リターンを得ることができる仕組みです。

ちょっと意味がわからないですよね。

細かく説明すると長くなるので、ステーキングするとどこかの誰かに貢献できると覚えておいてください。

APYとは

APY(Annual Percentage Yield:年換算利率)とは、複利運用が考慮されている年間の収益率です。

複利とは得られた利益をさらに投資することで、さらに利益を得ることです。

似ている言葉でAPR(Annual Percentage Rate:年換算利回り)がありますが、これは複利を含んでいない年間の収益率のことなので併せて覚えておきましょう。

AAVE(アーヴェ)でレンディング

AAVE

AAVEというレンディングプロトコルを使うと、ステーキングとは異なり自分のMATICをレンディング(貸し出すこと)ができますよ。

貸し出しをすることで、決まった利益を得られる仕組みになっています。

AAVE MATIC レンディング

画像を見るとわかりますが、MATICをDeposit(預け入れる・貸し出し)をすると年率0.48%が得られますよ。

さらに2.61%のMATICが配布されるので、トータル3.09%のAPRとなることがわかりますね。

これだけ見るとステーキングの方がメリットが多く感じますよね。

ですが、AAVEのようなレンディングプロトコルでは、預け入れた暗号資産を担保に別の暗号資産を借り入れることもができるのです。

そのためMATICを預け入れて運用しつつ、暗号資産を借り入れてNFTを購入することなどができますよ。

SushiSwap(スシスワップ)で流動性を供給する

SushiSwap

SushiSwapなどのDEXを使ってDeFi運用をするのが3つ目の方法です。

寿司をモチーフにしたDeFiプロトコルで可愛いですね。

MATICを含む2つの暗号資産ペアを資金プールに預け入れることで利益を得る運用方法になります。

正直、ハイリスク・ハイリターンなので初心者にはおすすめではありません。

可愛い名前ですが侮れません。

とはいえ興味がある人もいると思うので、かんたんに手順を紹介しますね。

詳しく知りたい人はこちらで解説しているので参考にしてください!

sushiswap 使い方
SushiSwap(スシスワップ) 使い方で失敗しない!気になる今後の将来性とは【Polygon】

続きを見る

STEP①:LPトークンを組む

資金プールへ暗号資産を預け入れるときには、このように2種類の暗号資産をセットで預け入れます。

SushiSwap

預け入れるペアと預け入れる量を決めたら、LPトークンをゲットします。

このときに2種類の暗号資産をペアにするときの比率(画像ではMATICが約0.2でWETHが約0.00012)が決まっているので、暗号資産を用意するときには注意しましょう。

LPトークンとは

LP(Liquidity Provide:流動性供給者)トークンとは、「流動性を供給します」という証明書のことですね。

このLPトークンを預け入れる(イールドファーミング)と、お礼として利益が発生する仕組みになっていますよ。

STEP②:PLトークンに流動性を供給する

LPトークンをゲットしたら、ゲットしたLPトークンに流動性を追加すると運用スタートしますよ。

SushiSwap onsen

ちなみにこのペアの流動性を供給すると、年率10.27%で利益を得ることができますよ。

ここで注意が必要なのが、最初にペアでLPを組んだときの掛け合わせの価値は一定になるように決まっているため、ILという損失が出てしまう可能性があります。

ILとは

IL(Imparmanent Loss:変動損失)とは、LPトークンを組んだときよりも価値が下がってしまう損失のことです。

2種類預けたうちの1つの暗号資産が値上がりしたときに、価値を保とうとして値上がりした暗号資産が実質売りに出されてしまいます。

するとLPトークンを解体したときに、「LPを組まずに保有していた方がより価値が上昇していたのに!」となってしまうということですね。

このような難しい損失が生まれてしまうこともあるので、流動性の供給はハイリスクです。

Polygonを利用するデメリットや注意点

ここまでメリットやおすすめされる理由をご紹介しましたが、いくつかデメリット・注意点も正直あります。

実際に利用するときには、この注意点も知っておきましょう。

注意ポイント

  • 2021年に脆弱性の修正
  • MATICを購入する方法が面倒

2021年に脆弱性の修正

Polygonは2021年に脆弱性(ハッキング対象となる穴)が見つかっています。

利用者に対して大きな被害は出なかったものの、発見が遅れていたら甚大な被害が出たと言っても過言ではありません。

被害が出てしまっても、Binanceやコインチェックの外に出てしまうと分散化されているため、失われたものが戻ってこないことがほとんどです。

Polygonに限りませんが、このようなリスクと隣り合わせということは理解しておかなければなりません。

MATICを購入する方法が面倒

ここまで読んでいる人は気づいたと思いますが、Polygonブロックチェーンにたどり着くまで大変なんですよね。

さらにご紹介したようにGOXして暗号資産が闇に葬り去られてしまうこともあるので、リスクも一定あります。

そのため「自分には難しいなあ」と思った人は、コインチェックでレンディングの運用をするのが低リスクでおすすめですよ。

コインチェックでビットコインやイーサリアムを運用する方法はこちらで詳しく解説しました!

コインチェック
コインチェック評判やばい?低リスクで失敗しない貸仮想通貨運用とは【口座開設方法あり】

Polygon(MATIC)がおすすめされる理由のまとめ

まとめ

  • Polygonはイーサリアムの課題を解決したブロックチェーン
  • NFTの購入でも処理が早くガス代が安いので使いやすい
  • 2021年には大きく価値が上昇しており将来性もある
  • ただし脆弱性の発見もされているため一定のリスクあり
  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-仮想通貨