メタバース

メタバースThe Sandboxの仮想通貨の稼ぎ方・始め方とは【ブロックチェーンゲーム】

こんな方におすすめ

  • メタバースに興味あるけどお金がかかりそうで悩む
  • 稼ぎ方を知りたいけど損をしないか不安
  • The Sandbox(サンドボックス)の始め方が知りたい

 

旧Facebook社が社名を「Meta」に変えてから、一気にメタバースという言葉が広がりましたよね。

 

面白そうと感じる一方で「なんか怪しい」と感じている人もいるのではないでしょうか。

 

The Sandbox(サンドボックス)はメタバースの中でも、最も注目されているプラットフォームのひとつで安心して使えますよ。

 

また、ソフトバンクがThe Sandboxに105億円の出資をしており、大手企業からも期待と信頼をされていることがわかりますね。

 

なべけん
ここでは、Web3キャリアコンサルタントなべけんが、The Sandbox(サンドボックス)の始め方や稼ぎ方を解説しますね

 

この記事で分かること

  • The Sandbox(サンドボックス)は最も注目されているメタバース
  • ボクセルワールドで他のメタバースにはない世界観が注目
  • The Sandboxは大手企業も出資しており安心
  • The Sandboxの土地を所有している大手企業が多数ある
  • 無料でThe Sandboxは始めることができる

メタバースをはじめるなら、GMOコインの無料開設が必須です。

ビットフライヤーであれば、ETH(イーサリアム)の送金時に「0.005ETH(1,000円以上)」もかかってしまいます。

GMOコインなら暗号通貨の送金手数料ゼロかつ取引所購入で手数料が少ないため損をせずに済みますよ。

GMOコイン

\ たった10分で申込み完了! /

無料開設する

メタバース「The Sandbox(サンドボックス)」とは

  • ブロックチェーンゲーム【無料】
  • VRプラットフォーム
  • ボクセルワールド
  • コーディング不要でゲーム制作できる
  • 暗号通貨(仮想通貨)「SAND」独自トークン

ブロックチェーンゲーム【無料】

 

The Sandbox(サンドボックス)はメタバースなのですが、ゲーム性がありブロックチェーンゲームのひとつとも言われていますよ。

 

The Sandbox(サンドボックス)は、「イーサリアム」というブロックチェーン上でプレイできるゲームです。

 

そもそもブロックチェーンが何かよくわからないですよね。

 

「Wii U」などのゲームと異なる点はこのようなことが挙げられますよ。

 

  • ゲーム内の不正や改ざんがしにくい
  • アイテムやキャラクターが自分の資産になる
  • 取得したアイテムを自由に売買できる

 

今までのゲームでは、ゲーム内で手に入れたアイテムの売買ができなかったり、企業がデータを管理しているため不正しているか確認できなかったりしますよね。

 

ですが、ブロックチェーンを使うことで、企業が管理していないためオープンかつ公正なプレイができ、国を超えてアイテムの売買ができるようになるのです。

 

VRプラットフォーム

 

The Sandbox(サンドボックス)は、VR(バーチャル・リアリティ)プラットフォームで、現実とは異なる世界が繰り広げられています。

 

まさにメタバースですね。

 

これによって、3D空間のリッチな体験をすることができるのです。

 

ボクセルワールド【Minecraftに似ている】

 

メタバース空間にはいくつか種類があり、代表的なもので「ボクセルワールド」と「3Dポリゴン」があります。

 

The Sandboxは「ボクセルワールド」で、レゴを使ったようなワールドになっていますよ。

 

ゲームが好きな人は、「Minecraft(マインクラフト)」をイメージすると近いですね。

 

リアルとは異なる世界観ですが、そのメリットもあります。

 

たとえば、リアル世界の人間に寄せてアバターをつくると「なんか似ていない」と気になってしまいますよね。

 

ですが、ボクセルワールドになっていれば、そもそも現実とは異なる世界観なので、現実とのギャップを考えることなくメタバースに馴染むことができるのです。

 

コーディング不要でゲーム制作できる

 

The Sandboxでは、メタバース内でゲームを制作することができます。

 

一般にゲームを制作するとなると、プログラミングが必要になりますよね。

 

ですが、The Sandboxならコーディングが不要でゲーム制作をすることができるのです。

 

暗号通貨(仮想通貨)「SAND」独自トークン

 

The Sandboxはメタバース内で利用できる独自トークン「SAND(サンド)」を発行しています。

 

「SAND」はこのような用途に利用できますよ。

 

  • アイテムや土地(LAND)の購入
  • ガバナンス
  • ステーキング

 

今すぐGMOコイン無料開設しよう!

 

GMOコイン

 

「すでに他の取引所開設しているし面倒だからいいや」

そう思いますよね。

 

ですが、GMOコインなら送金時に手数無料で送金できるので開設必須ですよ。

 

コインチェックやビットフライヤーは送金時に手数料が発生してしまいます。

 

たとえばビットフライヤーは、イーサリアムの送金に「0.005ETH(1,000円以上)」もかかってしまいます。

 

今後にETHの値上がりがすると、この送金手数料がなければ1万円以上も損しないで済んだかもしれません。

 

そのため、これから暗号通貨の送金をする人や1円でも損をしたくない人以外は、GMOコインを無料開設しないでください!

 

なべけん
すでに100万円以上の暗号通貨を購入していますが、コインチェクではなくGMOコインを使っていますよ!

 

今は手数料が安いと感じても、将来的な値上がりを考えると手数料無料は魅力的ですよね。

 

ということで、メタバース銘柄やNFTの購入に少しでも興味ある人は、今すぐGMOコインを無料開設しましょう!

 

GMOコイン

 

The Sandbox(サンドボックス)始め方

  • メタマスクに接続する
  • The Sandbox(サンドボックス)アカウント作成
  • アプリ「VoxEdit」をダウンロード
  • アプリ「GameMaker」をダウンロード

メタマスクに接続する

 

The Sandboxをはじめとするブロックチェーンゲームをはじめるときには、個人情報の登録はおこないません。

 

稼ぐことができるメタバースですが、クレジットカード登録なども不要です。

 

あらかじめ情報登録されている「メタマスク」というウォレットを接続するだけで、利用することができますよ。

 

このメタマスクを先に登録しておきましょう!

 

The Sandbox(サンドボックス)アカウント作成

 

メタマスクの登録が完了したら、The Sandboxの公式ホームページへアクセスしましょう。

 

The Sandboxにメタマスクを接続するとアカウント作成が完了です。

 

かんたんですね。

 

アプリ「VoxEdit」をダウンロード

 

「VoxEdit」は、The Sandboxで利用できる「ボクセルNFT」をつくれる無料アプリです。

 

このアプリをダウンロードすると、メタバース空間を楽しむだけでなく、クリエイターとしてもThe Sandboxを楽しむことができますよ。

 

アプリ「GameMaker」をダウンロード

 

同じく無料アプリで「GameMaker」というものがあります。

 

これはゲーム制作ツールで、プログラミングを使わず誰でもかんたんに利用することができますよ。

 

The Sandbox(サンドボックス)稼ぎ方

  • 地域(ESTATE)などNFTの売買をする
  • メタバースの土地(LAND)を貸し出す
  • メタバースイベントを開催する
  • 暗号通貨(仮想通貨)SANDへ投資する

地域(ESTATE)などNFTの売買をする

 

The Sandbox内で使うアイテムはNFT化されており売買が可能です。

 

また、The Sandboxの地域も区画化されており、それぞれNFTとして販売されています。

 

この地域を安値で購入し、高値で売却する方法がThe Sandboxの稼ぎ方のひとつです。

 

また、アイテムのNFTは自分で制作をして販売できるので、原資なしで利益を得る稼ぎ方もありますよ。

 

メタバースの土地(LAND)を貸し出す

 

購入した地域・土地を売却せずに稼ぐ方法もあります。

 

リアルイベントでも会場を借りるときに、レンタル料金が発生しますよね。

 

メタバースでも同じように、貸し出すことで収益化をする稼ぎ方もあります。

 

メタバースで広告を掲載する

 

メタバース上にイベント会場やテーマパークをつくると、広告掲載をすることもできます。

 

我々が普段から目にする看板などの広告ですね。

 

これをメタバースでも掲載して、稼ぐ方法もありますね。

 

ただし貸し出しと広告掲載は、土地や地域を所有しているだけではニーズがなく、その土地にボクセルワールドをつくる必要があるので注意が必要ですよ。

 

メタバースイベントを開催する

 

これもリアル世界のイベントをメタバース上で開催する稼ぎ方ですね。

 

メタバースイベントへの入場券をNFT化し、NFT所有者だけが来場できるという設定ができます。

 

そのため、リアルイベントで必要な警備員やチケットの確認などが要らなくなりますね。

 

また、会場のキャパシティを考えずに集客することもできるので、リアルイベントよりも収益化しやすい稼ぎ方のひとつですね。

 

暗号通貨(仮想通貨)SANDへ投資する

 

正直、ここまでに紹介した稼ぎ方はハードルが高いです。

 

The Sandboxの稼ぎ方で最もハードルが低い方法が、暗号通貨SANDへの投資ですよ。

 

これは私もやっていますね。

 

誰でも少額から購入することができ、予算に応じて無理なく始められるのでおすすめです。

 

ステーキングで暗号通貨SANDを増やせる!

 

さらに、SANDの価格推移だけでなく、ステーキングという手法を使えば、購入したSANDを増やすこともできます。

 

これも私はやっていますよ。

 

一定期間を預けることで、ステーキング報酬をもらえる仕組みです。

 

銀行で言う「利率」ってやつですね。

 

ですが、銀行の利率に比べると高いレートで報酬を得ることができるので、日本円を持っているよりかは個人的にはおすすめです。

 

The Sandbox(サンドボックス)遊び方

遊び方

  • ボクセルアートを制作する
  • ボクセルアートをゲーム内で使う
  • マーケットプレイスで売買する

ボクセルアートを制作する

 

まずはボクセルアートを制作できることが、Sandboxの遊び方のひとつです。

 

また、これからはメタバース時代の新しい職業として「ボクセルアーティスト」が生まれていますよ。

 

まだ人口が少なく、需要が伸びる職業のひとつなので要チェックですね。

 

ボクセルアートをゲーム内で使う

 

自分で制作したボクセルアートあるいは、購入したNFTのボクセルアートをSandbox内で利用するのも遊び方のひとつですね。

 

Sandboxはいわゆるメタバースなので、現実世界のようにファッションを着飾るイメージです。

 

そうなったときに、「かっこいい」「かわいい」ファッションを着たくなったり、「ブランドもの」のファッションを着たくなったりしますよね。

 

メタバース上での自分のアイデンティティを表現するために、ゲーム内でアイテムを利用することはメインの遊び方と言えますよ。

 

マーケットプレイスで売買する

 

自分で制作したものや、一度購入して使わなくなったものはマーケットプレイスで転売をすることができます。

 

これは誰でもかんたんにできるので、おすすめですよ。

 

今までであれば、転売をするのにも多くの労力がかかりましたよね。

 

ですが、NFTの転売は数分で作業が終了し、購入されたら暗号通貨がすぐにウォレットへ送金されます。

 

また、マーケットプレイスはグローバル市場なので、日本人だけでなく海外の人にも販売することができるのです。

 

これは究極のエコとも言えますよね。

 

メタバースThe Sandboxの仮想通貨の稼ぎ方・始め方まとめ

 

まとめ

  • The Sandbox(サンドボックス)は最も注目されているメタバース
  • ボクセルワールドで他のメタバースにはない世界観が注目
  • The Sandboxは大手企業も出資しており安心
  • The Sandboxの土地を所有している大手企業が多数ある
  • 無料でThe Sandboxは始めることができる

 

他にもメタバースプロジェクトは多数あります。

 

まだどのプロジェクトが普及するかなどは不透明です。

 

そのため、他のプロジェクトを今のうちに知っておくことが大切ですよ。

 

押さえておくべきメタバースプロジェクトはこちらで紹介しているので、必ずチェックしてくださいね。

 

メタバース 流行らない
メタバースは流行らないは嘘?今後や将来性とやり方・始め方を解説【完全初心者】

≫メタバースは流行らないと言われる実態とは

  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-メタバース