Web3

Web3.0によるIDとパスワードがない世界の特徴とは?【わかりやすく解説】

こんな方におすすめ

  • Web3.0って聞いたけど難しくてよくわからない
  • 今までもインターネットは便利だったけど何が変わるの
  • 仮想通貨と関係していると聞いてなんか怪しく感じる

このように感じている方へお届けいたします。

結論からお伝えするとWeb3.0とは「分散型インターネットの時代」と言われています。

意味がわからないですよね。

逆を考えるとイメージがしやすくなりますよ。

分散型の反対は中央集権型なので、偉い人が管理している状態のことです。

たとえばGoogleやAmazon、Facebookなどは個人情報を企業が管理していますよね。

Web3.0はこのように企業が情報を管理している状態の逆なので、「誰にも管理されていないインターネットの時代」と言えますよ。

つまり会員登録やID・パスワードによって管理されることがなくなるのです。

すごくないですか。

この記事では、インターネットに苦手意識がある初心者でもわかるように、「今までとWeb3.0の違いとは何か」や「Web3.0の将来性」について詳しくご紹介いたします。

またWeb3.0について紹介するだけでなく、みなさんが今日から使えるWeb3.0サービスもご紹介しますね。

この記事で分かることWeb3.0とは

  • Web3.0時代はGoogleなど大企業が情報を管理することがなくなる
  • ID・パスワードを登録せずに商品購入やサービス利用ができるようになる
  • 登録がなくなるため金融なども手数料を取られずに済む
  • Web3.0を実現するためのブロックチェーン技術で仮想通貨と関連する

9月30日まで!

コインチェック口座を無料開設して、1円でも入金すると1,500円分のビットコインがもらえるキャンペーン中!

審査に時間がかかることもあるので、まだ登録していない人は今すぐに登録しましょう!

コインチェック

»【たった5分】無料開設する

分散型インターネットWeb3.0(ウェブスリー)を知るメリット

Web3.0を利用するメリット

  • 情報感度が高くなる
  • 金銭的なインセンティブがある

情報感度が高くなる

Web3.0について家族や友人に聞いても知らない人が多いですよね。

このようにまだ認知度が低く、Web3.0の情報発信をしている人は常に最先端の情報収集している人が多いです。

そのため、Twitterで発信している情報を収集するだけでも、最先端のテクノロジーに触れることができますよ。

金銭的なインセンティブがある

さらに最先端の情報を収集するだけで、金銭的なメリットを得ることもできますよ。

このツイートのようにENSというサービスを初期から利用していただけで、$40,76(約45万円)分をもらえた人がいますよ。

詐欺のように見えますが、実際にこのようなプラスを得ている人がいるのがWeb3.0です。

Web3.0が台頭した理由【Web1.0・Web2.0と比較】

Web3.0が台頭した理由

  • Web1.0の特徴【Read】
  • Web2.0の特徴【Read+Write】
  • Web3.0の特徴【Read+Write+Own】

Web1.0の特徴【Read】

Web1.0は「読み取り専用ページの時代」と言われています。

30代以上の人はイメージが湧くと思いますが、2004年くらいまではインターネットの情報は見る専門だったのではないでしょうか。

オンラインショッピングもできず、一部の人が発信した情報を見るだけの時代でしたよね。

もちろんWi-Fiもなく電話回線でインターネット検索する時代でした。

Web2.0の特徴【Read+Write】

2005年から現在までのWeb2.0は、情報を発信することもできるようになりました。

TwitterやFacebook、InstagramなどSNSや、noteなどのブログもWeb2.0時代を代表する発信ツールですね。

Web2.0の時代でも便利と感じている人が多いのではないでしょうか。

ですがWeb2.0時代に大きな問題があり、これが中央集権型ということです。

たとえばイメージが湧きやすいものだと、2021年にあったMeta社(旧Facebook社)の事件です。

不合理にアカウント削除

このようにTwitter社やMeta社などの企業プラットフォームを利用している以上、企業が権力を行使しているので問題視されています。

他にもトランプ元大統領がTwitterを永久バンされていたりしますよね。

この企業の力が強すぎる問題点を解決するのがWeb3.0時代なのです。

Web3.0の特徴【Read+Write+Own】

Web3.0(ウェブスリー)時代は、情報収集や情報発信ができるだけでなく自ら所有できることが特徴です。

企業が所有せずに自ら所有するイメージって分かりづらいですよね。

これを実現するのが、仮想通貨にも使われているブロックチェーン技術なのです。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは「取引の履歴を残す台帳」のことです。

たとえば、今まではTwitterでフォローするとTwitter内のフォローリストに登録されますよね。

ですがWeb3.0ではブロックチェーンにフォロー履歴が残るということです。

ブロックチェーン技術を使うと、急にTwitter社からアカウントを消されたりせずに発信活動ができるということになりますね。

Web1.0とWeb2.0、Web3.0の比較

Web1.0 Web2.0 Web3.0
年代 1990〜2004年 2005年〜現在 2020年〜現在
特徴 Read Read+Write Read+Write+Own
セキュリティ 一方向 インタラクティブ エンゲージド
サービス Yahoo! Google Twitter Facebook Brave OpenSea

Web3.0が求められている4つの理由

ここからはより具体的にWeb3.0技術が求められている理由を解説しますね。

Web3.0が求められている理由

  • 企業に情報管理がされていな
  • 個人情報が流出する危険性がな
  • クリエイターエコノミー
  • DeFiによる手数料のかからない送金システム

情報や権利が企業に管理されない

企業に情報が管理されないことでどのような良いことがあると思いますか。

あまりイメージが湧かない人もいると思いますが、このようなメリットがありますよ。

  • プライバシーの問題
  • ID・パスワード管理が面倒

プライバシーの問題

みなさんは検索しているときに、一度調べたことの広告がよく表示されると感じたことはありませんか。

たとえば、脱毛について調べると脱毛の広告が表示されたり、銀行について調べるとカードローン広告が表示されたりしますよね。

つまり自分が知らないところで検索した情報が抜き取られているということなのです。

ですがWeb3.0技術が使われいれば、企業が情報を所有することがないのでプライバシーの問題も解決できますよ。

また、そもそも企業が情報を所有しないので、情報が漏洩する心配もないですよね。

クレジットカード情報なども登録することがないため、安心してサービスを利用することができます。

ID・パスワード管理が面倒

毎回ログインするときに、IDやパスワードを入力するのが面倒と思ったことは誰でもありますよね。

パスワードを忘れてしまったときは、再発行も時間がかかって面倒ですよね。

Web3.0はこれが一切なくなります。

国を越えて個人がやりとりできる

今までは国を越えて商品を購入する時には、ドルなど外貨への換金が必要でしたよね。

ですが、Web3.0技術の1つである仮想通貨は全世界共通なので、換金の必要なく商品購入ができます。

このときに、クレジットカードや銀行の送金も使っていないので、

クリエイターの価値の再発見

アニメやアートなどの作品を手がけるクリエイターが本来の価値を評価されるのもWeb3.0の特徴です。

今まではアートや商品販売をしても、不正な転売などでクリエイターに還元されないような商品展開もされていました。

ですが、後に紹介するNFTアートでは改ざんをすることができないシリアルナンバーが割り振られているので、一点ものとして作品が扱われます。

さらにNFTが購入できるOpenSeaというマーケットプレイスなら、転売がOKで転売時には最初に出品した人への還元もされるシステムになっているのです。

手数料のかからない金融システム

お金を下ろしたり送金したりするときに、銀行に払う手数料が発生しますよね。

これもWeb3.0なら手数料がかからずに、送金することができますよ。

Web3.0では仮想通貨の取引がメインですが、銀行を介する必要がないため企業や組織に支払う手数料は一切かかりません。

即入金もWeb3.0の魅力

商品を販売したことがある人は、入金の遅さにイライラしたことがあるのではないでしょうか。

たとえば有料noteであっても、購入をされても一度noteに預けられてから振り込みがされますよね。さらに振り込み手数料で全額もらえるわけではありません。

ですが、Web3.0では企業を介すことがないので、億単位であっても即入金がされますよ。

もちろん国境は関係ないので、日本に住んでいてもアメリカ人が払ったビットコインはすぐに着金されます。

今すぐコインチェック開設して暗号通貨を準備しよう!

 

「暗号通貨ってやっぱり怪しくてまだ悩む」

そう思う人がいるかもしれません。

 

たしかに家族や友人で持っている人がいないと不安になりますよね。

 

実は日本ではまだ一般的ではありませんが、海外の有名投資家はすでに暗号通貨・NFTを購入していますよ!

 

そのため、NFTに少しでも興味ある人や、これからの円安が不安な人、少しでも多く利益を得たい人以外は、無料口座開設しないでください!

 

なべけん
超成長産業であるブロックチェーンと密接に関わっていて、著名な投資家は価値の上昇を予想していますよ!

また、仮にビットコインの価格が下がってもマイナスにはならない安心してください!

 

ということで!

無料登録していない人は今すぐに登録しましょう!

 

コインチェック

»【たった5分】無料開設する

Web3.0技術の特徴的な6つの分野

Web3.0の分野

  • 仮想通貨
  • NFT:非代替性トークン
  • DeFi:分散型金融
  • DAO:自律分散型組織
  • GamiFi:ゲーミフィケーション
  • DSGP:分散型ソーシャルグラフ

仮想通貨

ビットコインやイーサリアムなど暗号資産と言われるものが仮想通貨です。

仮想通貨は企業などが管理しているものではないので、Web3.0の金融資産とも言えますね。

NFT:非代替性トークン

NFT(A non-fungible token)とは、非代替性のものを指しています。

分かりやすくすると、1点ものということですね。

それぞれのNFTアート作品や音楽などにシリアル番号が割り振られているので、偽物か本物か見分けることができるのです。

  • NFTアート
  • NFT音楽
  • メタバースの土地
  • NFT学生証

NFTアート

NFTアートとはデジタル作品のことで、誰でも簡単に出品することができますよ。

さらに、NFTアートは希少性が高いものも多くあり億単位で取引がされることもあるほどです。

ジャスティンビーバーがこの猿のNFTを、500ETHという仮想通貨で購入しました。

価格はなんと約1億5000万円です。

意味がわからないですね。

NFT音楽

配信される音楽がNFT化されており、1曲ごとやアルバムごとにシリアル番号が割り振られているようなイメージです。

購入したCDやDVDだけでなく、オンラインで購入した音楽も聴き飽きて聴かなくなってしまったことはありませんか。

このようなときにNFTは転売がOKなので、自分で価格設定をして転売をすることができますよ。

もちろん転売が成立したら、販売者とアーティストにも収益が入るのでメリットしかないですね。

メタバースの土地

Facebook社が社名をメタバースに由来するMetaへ変更したことで、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

実はこのメタバースの土地もNFTとして販売されていますよ。

アディダスが「アディバース」の開発を目指して購入したとも言われています。

NFT学生書

他にも珍しいものとしては、大学の学生証がNFT化されているものもありますよ。

このように各種証明書がNFT化されると、不正がなくなるため便利な社会になりそうですね。

DeFi:分散型金融

DeFi(Decentralized Finance:ディファイ)とは、分散型金融のことです。

これもまた「分散型」なので、銀行のように管理している組織がないということですね。

DeFiのすごいところは、仮想通貨の貸し借りもできることです。

スマートコントラクトというプログラムに沿って取引が行われるため、手数料は発生しません。もちろんこれもWeb3.0なので登録せずに使えますよ。

仮想通貨を貸し出している人は、一定の割合で利益も発生します。仮想通貨によっては、借りることで利益がもらえることもあります。

そしてDeFiは利率がバグっていて、年率60%以上のもの普通にあります。100万円を預けたら、1年後には160万円になっているということです。

DAO:自律分散型組織

DAO(Decentralized Autonomous Organization:ダオ)とは、株式会社のような新しい組織の形です。

DAOも分散型なので、いわゆる社長や上司がいない組織になります。

そして、Web3.0の世界なので報酬の支払いが仮想通貨なのです。

上司がいないので組織の意思決定は投票を行なって決めていますよ。

具体例としては、まさにビットコインがDAOです。

組織として誰にも管理されておらず、ビットコインの新たなプロジェクトは投票制で決まっていますよ。面白いですね。

GameFi:ゲーミファイ

GameFi(Game finance:ゲームファイナンス)とは、ブロックチェーンとゲームを掛け合わせたものに、さらに暗号資産を掛け合わせているものです。

それによって、P2E(Play to Earn:稼ぐために遊ぶ)が実現しており、ゲームで稼げる時代になっていますよ。

ゲームで使用するキャラクターやグッズがNFT化されており、レベルを上げて高額取引をすることもできるのです。

代表的なゲームにはこのようなものが挙げられます。

  • Axie Infinity
  • TownStar
  • Thetan Arean など

DSGP:分散型ソーシャルグラフ

DSGP(decentralized social graph protocol)とは、ブロックチェーンを使ったSNSと理解していればOKです。

ソーシャルグラフは「ウェブ上の人間関係の相関関係」で、フォロー・フォロワー関係がブロックチェーンに刻まれるのが分散型ソーシャルグラフになります。

有名な分散型ソーシャルグラフにはこのようなものがありますよ。

  • DeBank
  • Cyber Connect

DeBank(デバンク)

DeBankは資産情報が丸見えのSNSです。

debank

まだ投稿機能などは実装されていないのですが、これから機能が拡充することも期待できますね。

Cyber Connect(サイバーコネクト)

Cyber Connectとは、ENS(Ethereum Named Service)というイーサリアム専用のURLを取得している人が利用できるソーシャルグラフです。

cyberconnect

Cyber ConnectはMirrorというブログと提携しており、誰でも簡単にブログ発信ができますよ。

さらに、この発信をNFT化することもできるので、小説家など文章を書くことを生業にしている人は収益化も狙えますよ。

Cyber Connectのトークンを使ったクラウドファンディング機能は、日本人が利用すると違法になるので注意しましょう。

Web3.0技術・サービスを利用するときの課題

Web3.0サービスの課題

  • Web3.0サービスを利用する難易度が高い
  • ガス代(ブロックチェーン手数料)が高い
  • 完全な分散型はハードルが高い

Web3.0サービスを利用する難易度が高い

Web2.0時代の問題を解決する素晴らしいサービスなのですが、利用するには難易度が高めです。

特にNFTの購入は、クレジットカードで購入できればいいのですが仮想通貨決済になっています。

また万が一送金をミスしてしまうと、逆に企業が管理していないので返金などは行われません。

闇に葬られてしまうのです。

そのため、生活資金を使ってNFT購入をするのはおすすめではありません。

イーサリアムのガス代(ブロックチェーン手数料)が高い

企業へ支払う手数料はないものの、ブロックチェーン使用するのにガス代という手数料のようなものが発生します。

このガス代が高騰しており、NFTを購入するのに1万円以上かかることもよくあるほどです。

もちろんガス代が数円のブロックチェーンもあるため、予算に応じて利用するブロックチェーンを選ぶ必要があるのです。

完全な分散型はハードルが高い

分散化ネットワークとはいえ、100%分散化しているかというと、そうではないサービスも正直あります。

やはりサービス運営をするためには、最初に誰かが旗振りをしていたりするので、サービスが軌道になるためには人が関わっていることも多いですね。

ちなみにビットコインは完全に分散化されているので最強です。

今すぐに試せるWeb3.0サービス4選

Web3.0サービス

  • Web3.0ブラウザBraveを使用する
  • OpenSeaでNFTアートを購入する
  • パンケーキスワップでDeFi運用をする
  • DAOに参加する【Ninja DAOがおすすめ】

Web3.0ブラウザBraveを使用する

brave 評判

みなさんは普段インターネット検索をするときに、GoogleやSafari、Edgeなど無意識に使っていませんか。

実はブラウザもWeb3.0技術を使ったものが台頭しており、それがBrave(ブレイブ)です。

広告ブロック機能がある

Googleは検索した情報を取集して表示される広告に役立てられていました。

ですがBraveは収集されるデータが限られており、不要な広告はブロックされる機能が備わっていますよ。

YouTubeを見るときにも広告が表示されなくなります!

検索するだけで仮想通貨がもらえる

なんとBraveを使って検索するだけで、仮想通貨BATがタダでもらえますよ。

もっと詳しく知りたい人は、こちらで解説しているので参考にしてください!

brave 評判
Braveブラウザは危険性あり?安全性の実態を解説【検索だけで仮想通貨を稼ぐ】

OpenSeaでNFTアートを購入する

opensea

ご紹介したNFTが購入できるマーケットプレイスがOpenSea(オープンシー)です。

OpenSeaはまさに登録不要で、誰でも購入も販売もできますよ。

仮想通貨ウォレットという仮想通貨専用のお財布を繋げるだけで、誰でも購入することができるのです。

詳しく知りたい人は、こちらで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

誰でも安心して購入することができる手順を紹介していますよ。

art
どれを買う?NFTアート失敗しない買い方と選び方【初心者おすすめはCNP 】

パンケーキスワップでDeFi運用をする

PancakeSwap

パンケーキスワップはDeFi運用ができるDEX(Decentralized Exchange:分散型取引所)です。

さまざまなDeFi運用ができるサービスがありますが、パンケーキスワップは日本語対応をしているのでDeFi初心者におすすめです。

パンケーキスワップで運用をすると、$CAKEという暗号資産がもらえますよ。

さらに&CAKEを預け入れる(ステーキング)すると、さらに$CAKEがもらえます。

利益がバグっていますね。

pancakeswap-pic
PancakeSwapの失敗しない使い方•仮想通貨CAKE稼ぐ方法とは【初心者OK】

DAOに参加する【Ninja DAOがおすすめ】

ninja dao

Ninja DAO(忍者ダオ)は、仮想通貨投資家イケハヤさんが運営しているDAOです。

勘が良い人は気づいたと思いますが、イケハヤさんが運営をしているので完全なDAOではないです。

ですがDAOを誰でも体感できるので、仮想通貨やWeb3.0の知識がなくても楽しめますよ。

さらに情報感度が高い人が多くコミュニティ内で発信活動をしているので、とても参考になります。

Web3.0イベントが多数ある

さらに無料でWeb3.0を体感できるイベントも多数開催されていますよ。

  • メタバースライブ
  • メタバース公開コンサル
  • メタバース建設 など

もちろん無料で参加できるので、ぜひコミュニティに参加してみましょう。

>>Ninja DAOに参加する

Web3.0によって世の中はどのように変化をするか

Web3.0で変わる世界

  • すぐに変化が訪れることは考えられにくい
  • 情報弱者と強者の差が開く
  • 不平等な差別がなくなる
  • 国にとらわれなくなる

すぐに変化が訪れることは考えられにくい

期待が大きいWeb3.0ですが、すぐに生活に浸透することは考えられにくいのが正直なところですね。

たとえば、スマートフォンが初めて出てきたときにも、今のようにiPhoneのシェアが高まるのには時間がかかりましたよね。

さらにご紹介したとおり使用する難易度・リスクが高いものも正直多いです。

そのため、Web3.0サービスを知っても実際に使う人も少ないかなと思っています。

情報弱者と強者の差が開く

インターネットやITって難しくて分からないことも多く、苦手意識がある人も多いと思います。

はじめにご紹介したような40万円分をタダでもらえるようなチャンスを掴みに行ける人と、そうでない人で分かれてしまうとのがWeb3.0だと思っています。

逆にWeb3.0の情報を収集している人が、いろいろなチャンスを掴める時代になりますね。

不平等な差別がなくなる

今は性別や国籍など様々な差別が正直ありますよね。

ですが、Web3.0時代はこのような差別も一切なくなります。

国による差別で言えば、国を越えた送金は仮想通貨を使えばいつからでも、どこからでもすることができます。

さらにメタバースが加速すると、自分の外見は一切関係なく、性別も肌の色も声も自分とは別の自分になることができますよね。

はたらくときにもDAOであれば自由に参加できるので、自分の情報を開示することは一切ありませんよ。

国境にとらわれなくなる

ご紹介したように送金はまさに国を問わなくなりますね。

さらにメタバースが拡大すると、どの国にいても行きたい場所に行くことができますし、会いたい人に会うことができます。

Web3.0でなくても、ZOOMを使えば今でも場所を問わずに人と話せますしね。

そのため、海外移住が当たり前になる時代が来るかもしれないですよ。

Web3.0が我々にもたらすもののまとめ

まとめ

  • Web3.0は企業に独占されない時代になる
  • セキュリティやプライバシーが守られるのがWeb3.0
  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-Web3