Web3転職

Web3(仮想通貨)コンテンツライターなるには?3ステップの始め方

こんな方におすすめ

  • Web3ライターに興味あるけど知識がなくて不安
  • Web3・仮想通貨分野にチャレンジしようか悩む
  • Web3コンテンツライターになる方法が知りたい

 

Web3や仮想通貨の分野が稼げるという評判があり、Web3コンテンツライターは気になる人が多いですよね。

 

中には、将来的にWeb3分野で活躍したいと考えているいるかもしれません。

 

結論からお伝えすると、Web3コンテンツライターは必ずチャレンジした方が良いです。

これから需要が高まる分野ですし、海外ではすでにWeb3コンテンツライターが活躍しています。

そのため、ライターとしてキャリアアップしたい人だけでなく、Web3分野でキャリア形成したい人にもおすすめですよ。

 

なべけん
Web3キャリアコンサルタントなべけん(@nabeken_career)が、Web3コンテンツライターの始め方を解説します

 

この記事で分かること

  • Web3コンテンツライターは将来性があり稼ぎやすい
  • 今すぐに始めれば先行者になり権威性がつく
  • Web3メディアを立ち上げるとチャレンジしやすい
  • まずは自分で仮想通貨やNFTを購入しよう
  • コミュニティで活動すると活躍の幅が広がる

 

暗号通貨の購入は「bitFlyer(ビットフライヤー)」おすすめ

bitflyer

  • 1円から購入できる
  • 各種手数料が無料で使える
  • 最も安全に利用できる

\ たった10分で口座開設 /

今すぐ無料開設する

Web3(仮想通貨)コンテンツライターの5つのメリット

 

5つのメリット

  • 応募できる案件が多い
  • ライター案件の単価が高い
  • 最もハードルが低くWeb3に挑戦できる
  • 将来的に仲介業者なく活動できる
  • Web3専業が少なく先行者になれる

 

応募できる案件が多い

 

Web3分野は収益性が高いジャンルで、多くの企業がライターを求めています。

 

そのため、応募案件が多く初心者であっても経験を積むことができるのです。

 

 

 

ライター案件の単価が高い

 

Web3分野は収益性が高いことは説明しましたが、ライターの給料にも反映されていますよ。

 

そのため、単価が上がらずに悩んでいるライターであっても、高単価で働くチャンスがあります。

 

最もハードルが低くWeb3に挑戦できる

 

この記事を読んでいる人の中には、Web3分野に仕事として関わりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、エンジニアとなるとハードルが高いですよね。

 

そのような人にとっては、最もハードルが低くWeb3人材としての経験を積むことができますよ。

 

制作したコンテンツはポートフォリオになるため、Web3人材としての経験をアピールできるのです。

 

将来的に仲介業者なく活動できる可能性がある

 

Web3は「分散型」がテーマになっていますよね。

 

すでに、分散型アプリケーション「dApps」や分散型金融「DeFi」などが実現しています。

 

そして、ライターの仕事も従来のクラウドソーシングサービスのようなプラットフォームを使わずに契約を得られるチャンスがありますよ。

 

また、将来的には報酬にトークンが利用されるケースも想定されて、自分がプラットフォームを盛り上げることでよりトークン価値を上げることにも貢献できるのです。

 

Web3専業ライターが少なく先行者になれる

 

需要は高いものの、Web3分野に特化したライターの数は多くありません。

 

そのため、今からWeb3専業のコンテンツライターとして経験を積むと、業界の先行者として大きな案件を担当する機会も得られますよ。

 

Web3(仮想通貨)コンテンツライターになる3ステップ

 

3ステップ

  • Web3メディアを立ち上げる
  • Web3メディアで5記事執筆する
  • Web3分野のライター案件へ応募する

 

Web3メディアを立ち上げる

 

いきなりライターに応募をしても、ライターとしての実績やWeb3分野の知識があることをアピールしなければなりません。

 

そのためには、自身でWeb3関連のメディアやブログを開設することがおすすめですよ。

 

なべけん
わたしもブログがあったおかげで、ライター中級者レベルの文字単価2.0円を初めから受注できましたよ!

 

【期間限定キャンペーン中】「エックスサーバー」は国内シェアNo.1

 

\ たった10分! /

ブログを始める

 

「個人のメディアと言っても、難しそうだから『note』でやればいい」

このように思った人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、結論からお伝えすると『WordPress』を利用して、自分のブログをつくる方がおすすめですよ。

 

自分でブログをつくることで、このようなメリットがあります。

 

  • 入稿を担当して単価アップ
  • ブログで収益化できる
  • 記事が残り続ける

 

『note』は企業が管理しているため、記事が消されてしまったり、収益化ができなかったり制約が多いです。

 

しかし、個人ブログであれば自由に運営することができるため、確実にポートフォリオとしてアピールできます。

 

また、紹介した通り『WordPress』が使えるだけでも、ライターとしての単価アップが目指せます。

 

そのため、Web3専業のコンテンツライターになりたい人は、必ず『WordPress』でブログを開設しましょう。

 

Web3メディアで5記事執筆する

 

ブログを開設しただけでは、Web3コンテンツライターとして採用されません。

 

採用をされるためには、まずは5記事くらい執筆することがおすすめです。

 

そして、初めは「暗号通貨取引所」の紹介記事がおすすめですよ。

 

暗号通貨取引所の紹介記事を書くと、このようなメリットがあります。

 

  • 広告が提携できる
  • 誰でも簡単に書ける
  • 収益化が目指せる

 

暗号通貨の取引所開設なら、誰でも無料で体験することができますよね。

 

そのため、自分が体験したことを記事化するだけなので、初心者であっても簡単にできますよ。

 

そして、自分のコンテンツに広告がつくと、1名が取引所に登録するだけで1万円の報酬をもらえるチャンスがあります。

 

「bitFlyer(ビットフライヤー)」なら報酬1万円以上!

 

bitflyer

「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、大手暗号通貨取引所で安心して利用できるサービスです。

そして、「bitFlyer(ビットフライヤー)」と広告提携し、あなたの紹介記事経由で申し込みが入ると1万円の報酬が発生します。

もちろん、まずは自分が登録をして利用することが必要です。

まだ「bitFlyer(ビットフライヤー)」でビットコインを購入したことがない人は、まず無料登録だけでもしましょう。

\ たった10分で口座開設 /

今すぐ無料開設する

 

Web3分野のライター案件へ応募する

 

ポートフォリオが用意できたら、早速Web3分野のライター案件へ応募をしましょう。

 

まだ経験が浅い人は、いきなり企業から直接案件を受注するハードルが高いため、クラウドソーシングサービスを利用することがおすすめです。

 

 

なべけん
わたしも初めはクラウドワークスでお仕事を受注していましたよ!

 

Web3(仮想通貨)コンテンツライターで更に活躍する3つのポイント

 

ここまで紹介した方法を実践すると、経験を積むことができます。

 

しかし、これからライターが増えることを予想すると、他のライターと差別化をしなければなりません。

 

そのためには、これから紹介する3つのことを実践しましょう。

 

3つのポイント

  • Web3コミュニティで活動する
  • Web3分野のニッチな専門性を身に付ける
  • 英語リーディングを身に付ける

 

Web3コミュニティで活動する

 

Web3ジャンルのライターといっても、Web3業界で求められていることや流行を把握する必要があります。

 

そのためには、実際に情報交換やプロジェクト運営をしているWeb3コミュニティで活動することがおすすめです。

 

そうすることで、Web3分野でどのようなライターが求められているかを把握することもできますよ。

 

さらにコミュニティで活動することで、コミュニティ内で案件の受注をするチャンスもあります。

 

Web3分野のニッチな専門性を身に付ける

 

Web3と言っても非常に幅が広い分野ですよね。

 

そのため、他のライターに負けないくらいの専門性をWeb3の分野の中で見つけることがポイントです。

 

そうすることで、ライターとしての実績が浅かったとしても、高い専門性から高単価の案件を受注するチャンスがありますよ。

 

英語リーディングを身に付ける

 

Web3は海外の方が情報が多いですし、日本語訳されていない情報も多くあります。

 

そのため、英語リーディングのスキルがあるだけでも他のライターと差別化を図れますよ。

 

もちろん、すぐに身に付くスキルではないので、コツコツと勉強をしておくことがおすすめです。

 

Web3(仮想通貨)コンテンツライターなるには・始め方まとめ

 

まとめ

  • Web3コンテンツライターは将来性があり稼ぎやすい
  • 今すぐに始めれば先行者になり権威性がつく
  • Web3メディアを立ち上げるとチャレンジしやすい
  • まずは自分で仮想通貨やNFTを購入しよう
  • コミュニティで活動すると活躍の幅が広がる
  • この記事を書いた人

なべけん

【Web3キャリアコンサルタント】 2021年から200万円以上を暗号通貨(仮想通貨)・NFTに投資をはじめる。知識ゼロからノウハウをわかりやすく解説しています。失敗しないWeb3領域のキャリア形成やブロックチェーン・メタバースについての情報をブログで発信。

-Web3転職